サービスラインナップ

 

メインサービス

 

インフォメーション

             

             
             
             

 

             
             
             

             

             
             
             

             
             
             

             
             
             

 

 

 

             
             
             

 

新規で記事を投稿される方はこちら   

90万円の売上。
2018/10/13 11:15

【部会長ブログ】


皆様お疲れ様です!


今週は月火と事務局長の通夜と告別式に参列し、木金と都内で会議。そして今日は中四国の車体整備青年部が集まるイベントがありますので、なかなか充実した一週間を過ごさせてもらっています。

その間、僕の右腕である常務も九州まで行って別会議に参加してくれていたり、ロードサービスのインロック開錠研修にスタッフが二人参加してくれていたりと、ありがたいことづくしです。

まだまだ未熟な会社ですが、こうしてみると未熟ゆえに伸びしろが半端じゃなくあるのだと認識できて嬉しい限りです。

さて、今日は「90万円の売上」というタイトルでブログを書いてみます。

現在、僕たちの日車協連青年部会では組合員各社が「戦略」を持てるようにと、様々な事業を行っております。

ですが、戦略を持つためにはいろんな事前準備が必要です。その中に「現状把握」もあって、各個社の経営者や後継者、そしてリーダー的存在の方が現状を把握するためには会計のことも少しは分かっていたほうが良いと思います。

税理士さんとは決算前に会うだけで、年に一回。なんてことでは、現状把握どころか場当たり的な対応になりかねないので、お財布の中身を全部知ってもらっている税理士さんとは、もっと会う機会を増やして腹を割って話し合える関係づくりが必要だと思います。

今では、コンサル的な関わりを持ってくださる税理士さんも増えているので「そんなことまでしてくれるんだ」という業務内容も知っておいたほうが良いと思います。

今日は少し数字の話をしてみます。

1台あたり10万円の修理を毎月10台やっている会社があるとします。

10万円が10台なので月の売上は100万円ですよね。その10台の修理にかかる原価が60万円とします。

すると売上から原価を引いて残った粗利は40万円です。

その会社の固定費(毎月かかる固定の費用)が30万円だとすると粗利の40万円から固定費の30万円を引いいて利益は10万円ということになります。

さぁ、ここで問題です。

この会社の月の売上が10%下がったら利益はいくらになるでしょうか?

100万円の売上の10%が下がるわけですから、売上は90万円になってしまいます。

さて利益はいくらでしょう?

答えは明日のブログで書いてみようと思います。

 
カーナビのテレビ。
2018/10/12 17:03

【部会長ブログ】


皆様お疲れ様です!


我々の業界には代車というものがあり、最近は代車にもカーナビやETCが必須と言われる時代になりました。

昔はマニュアルじゃないとダメとか、エアコンが付いてないとか、CD聞けないじゃんといった代車のクレームがあったかと思いますが、今はカーナビやETCまで備え付けてくれていて当たり前という信じられない時代です。

パワステじゃない代車とか懐かしいですよね(汗)

最近は特に、代車をレンタカー登録している会社も多いと聞きます。実は僕たちの会社もレンタカーを数台所有していますが、レンタカーとなるとカーナビ、ETCが付いていないと「こんなのでお金取るのか」と怒られるくらいなので、レンタカーにはほとんどの車両に設置されていると思います。

そのカーナビが今日のブログのタイトルになっているわけですが。。。カーナビってテレビ見れますよね。このテレビが観れるということでNHKの受信料を払わなけれなならないそうなんです。

実際に大手のレンタカー会社などは請求されているところもあるようで、事業所に設置してあるテレビ受信装置は家庭と違って、一台ごとに請求されるのだそうです。

例えば。

ビジネスホテルなどは、すでに全室のテレビに関して受信料を払っているそうなんですよ!

大手のビジスホテルグループレベルになると、その受信料も半端じゃないわけです。200を超えるホテルの全室に設置された約3万5千台について未払い料金を約2年間分支払うかどうかの裁判があったそうなのですが、NHKが勝って、その額約20億円というのですから驚きです。。。

大手のレンタカー会社などもきっと相当な額でしょうね。それを真面目に払い続けるのかカーナビのテレビを受信できないようにしておくのか。

そこは各社の戦略によるところだと思います。しかし、いずれ近いうちにカーナビの受信料の件で請求されるようになると思います。

知って対策しておいて損はないと思います。すぐにでも行動を起こされてはと思います。

しかし、今やカーナビに限らずスマホやパソコンでもテレビが観られる時代です。そうした受信装置をテレビを見る目的以外で所有していても支払い義務が生じるという今の法制度は見つめ直す時代に来ているように思います。

むやみに機能ばかりを詰め込む昨今の文化も考えものですし、受信するかどうか選ぶ契約の自由もあったほうが良いのではないかと思います。よね。そこは独り言として聞いておいてください(笑)

いずれにしてもカーナビのテレビ。会社のものは対応してくださいませね!自家用車は家庭で受信契約されていれば、問題ありませんので!

 
AIで分析した保険提案とぬくもり。
2018/10/11 10:28

【部会長ブログ】


皆様お疲れ様です!


今日は羽田にいます。
飛行機で羽田に来る最中、目にした新聞記事が面白かったので共有させてもらいます。

東京海上さんとドコモがスマホを利用している方々を対象に人工知能を活用した保険商品を開発したそうです。

スマホで集めたライフスタイルや行動のデータをAIが分析して個人ごとに適した保険を提案するというもの。

来年の5月以降に開始というのですから、もう間もなくです。

今や、スマホにはGPSも付いていて行動分析も可能ですし、スマホでモノを買ったり支払うことだって簡単にできる時代です。

当然、個人の同意を得たうえでのサービスですが、家族構成や年齢、趣味、購買履歴などのデータを収集して、まさにオーダーメイドの保険提案をするというのですから驚きです。

先日、書いたブログの「オーダーメイドの接客」に通じるモノがあり、非常に驚いております。

こうした金融商品の提案もどんどん人工知能が活躍する場を広げていくと、人間としての価値がどこにあるのか分からなくなっていってしまいそうです。

今はまだ、人工知能の導入というと高価な設備投資というイメージがありますが、いずれは当たり前のことになる時が来るかもしれません。

カーナビの誘導によって迷子になった経験のある方は、カーナビを絶対的には信用してないでしょうし、土地勘のある方はカーナビの案内よりスムーズに早く到着する術を知っているでしょう。

そうした今までのシステムに対するイメージより人工知能はずっと信頼度が上がってくると思いますので、労働という価値観自体が変わってしまう時代が来るかもしれません。


しかし、どれだけ進化しても「人が人を想う気持ち」には人工知能もかなわないと信じています。

そこには「ぬくもり」があり「最適」という言葉の意味を深く考える必要があるのかもしれないと思いました。

 
手渡されるバトン。
2018/10/10 17:52

【部会長ブログ】


皆様お疲れ様です!


昨日は新井事務局長の告別式に参列してまいりました。

そこには歴代の青年部会長もいらっしゃいました。歴代の部会長は、僕などよりずっと深く新井事務局長と関わっておられて、その期間もずっとずっと長いのです。

内山初代は、全国バラバラに活動してた青年部を、どうにか全国組織にしたいとの強い想いを持って、自らの足で全国を歩かれました。

その時に、一緒に全国を歩かれたのが新井事務局長だったそうです。

「俺たちは、あの人に育てられたんだ」

そう呟き、涙を流される内山初代の姿を見て胸に熱いものが込み上げてきました。


僕が知らないことなんて、山のようにあります。
その中でも、青年部創設の時期の話は知らないことだらけです。

当時、様々な反対やいろんな意見をもらいながらも、全国組織として立ち上げられたご苦労は半端じゃなかったと思います。

その当時の僕は、何も知らずに自社のことだけを考えて商売をしておりました。

業界のことなんてこれっぽっちも考えずに。。。

でも、その当時に足が棒になるほど全国を歩かれ、自社の業務をおいてでも業界のことを想い行動にうつされた方々がいらっしゃったから、今の僕たちがあるわけです。

知らなかったじゃ済まない話ですよね。

きっとこれからもそうです。
業界のことなんか、余裕のある誰かがやってくれていればいい、自分にはそんなことをしている暇はない。

そうして自社のことだけを考えている間に、誰かが業界の未来を想い行動を起こしているわけです。

知らなかったじゃ済まない話なんですよ。

組合員であろうがなかろうが、業界というものはひとつです。車体整備業界は、ふたつもみっつもありません。

自社を想うこと、社員さんを想うこと、家族を想うことは、業界を想うことに繋がります。

新井事務局長が繋いで、育ててきてくださったものを更に次の世代に渡していく。時代が変化し形は変われど、必ず繋ぎ、渡していく。

そうしたことが、御恩に報いるということなのではないかと考えさせられた時間でした。

社内では、他人事ではなく自分事として考えようなんて言っていても、業界のこととなると他人事になる人が多いのかもしれません。

この激変の時代に、どうにかしてひとつにまとまらねばと、改めて感じております。

 
足利にて。
2018/10/09 10:22

【部会長ブログ】


皆様お疲れ様です!


昨夜は日車協連の新井事務局長の通夜に参列してまいりました。今日は今から告別式です。

多くの方が参列されていました。
今日もすごく多くの方が見送りに来られるのではないかと思います。

しっかりと感謝の意を伝え、見送ってこようと思います。

 
オーダーメイドの接客(まとめ)
2018/10/08 19:54

【部会長ブログ】


皆様お疲れ様です!


ここ数日書いてきました、オーダーメイドの接客について、まとめ的なことを書いてみようと思います。

実はオーダーメイドにもいろいろ種類がありまして、パターンオーダーや、イージーオーダー、フルオーダーなどがその良い例です。

オーダーとは言いながらも、選べないものや要望に応えられないものがあるのが、パターンオーダーやイージーオーダーです。それに比べてフルオーダーは、できる限りの要望に対応してくれます。

これは服飾関係に限らず、住宅や家具、スポーツ用品など様々な商品で似たような対応になっています。

パターンオーダーや、イージーオーダーも魅力的ですが、僕たちが目指す戦略としては、大手資本企業に戦いを挑まれた場合、価格で太刀打ちできそうにありません。

ですが、フルオーダーなら話は別です。

価格に関係なく、品質で勝負ですので僕たちにも勝算はあると思います。逆に、大手資本企業がそこまでの対応をしてくるかというと、生産効率の悪いフルオーダーにそこまで力を注いでこない可能性のほうが強いと思うのです!

もちろん、フルオーダーで勝負するからにはブランド力も重要になってきます。

ブランドの力。

⚪︎⚪︎といえばあそこだよね
あそこは⚪︎⚪︎の品質がいい

企業名を聞いただけで、何かが連想されるくらいお客さまに認知してもらう作戦が必要だということだと思います。

何かにこだわり、徹底して追求する

その目的が利潤の追求ではなく、お客さまを喜ばせようとする想いであれば、すぐに結果は出なくとも徹底し続けていくと「ブランド」のひとつになりうると信じています。

オーダーメイドの接客は、顧客満足を高めるだけではなく、追求していけば、ブランド力にも繋がるということです。

「働き方改革」によって、より生産効率を求められる現代。精算効率よりも、非効率的な人間力で勝負すべきではないかと思うのです。

 
オーダーメイドの接客3
2018/10/07 17:04

【部会長ブログ】


皆様お疲れ様です!


僕の地元、山口県では今、明治維新150年を記念して「幕末維新やまぐちデスティネーションキャンペーン」というイベントが開催されています。

という事実さえ知らない山口県民がたくさんいますし、デスティネーションの意味もわからないので「なにそれ、万博?」みたいな良く分からないことになっています。

と思えば「山口ゆめ花博」というイベントが開催されていて、土日になるとイベント開催地の近隣では大規模な渋滞が起きています。

あまりにも田舎なため、こうしたイベントがあると、大騒ぎになるのですが、デスティネーションキャンペーンは、ほとんどの方が知らないのです。

何が違うんでしょうね。

この件については、また後日ブログに書いてみようと思います。


さて、昨日の続きです。

接客対応を「オーダーメイド」のものにするのに、雑談が良いと昨日ブログで書きましたが、なぜ雑談が良いのか。

そもそもオーダーメイドの商品とは、お客様それぞれの体型に合ったものや、要望に沿った、他に無いようなオリジナルなものであると思います。

それぞれのお客様に合ったオリジナルなものにするためには、当然ですがお客様の要望をしっかりと聞き出さなえければなりませんし、お客様のライフスタイルを知っておいたほうが良いと思うのです。

そうしたものをマニュアル化して、受付チェックシートで聞き出すこともできると思いますが、潜在的なニーズはマニュアル的な対応ではなかなか聞き出せません。

お客様との信頼関係が前提条件になると思います。

ですから、受付にはしっかりと時間を割いて話をする必要があると思うのです。

もちろん戦略的に薄利多売で、受付にはそんな時間を割かず、どんどん作業効率を追い求める。という会社には、こうした取り組みはフィットしないと思います。

ですが、これからマーケットの縮小は確定ですし、AIの普及などで大手企業がどんどん薄利多売で証券を広げていく可能性がある中では、同じ土俵で戦うのは非常に危険です。

我々にできることは、今まで以上に「人と人」の関わりを大切にし、お客様の背景に寄り添った提案ができたり、潜在ニーズを導き出したりすることではないかと思います。

先日のブログで書いたように、お客様は千差万別です。

車に対する想いも、家族構成も、車の使い方も。

休日にどんな使い方をされているのか。通勤距離はどの程度なのか。その程度の質問は、大切な車を預かるプロとしては聞いて当然だと思うのです。

休日の使い方を聞いていけば、趣味やお子さんの習い事なども聞き出せる可能性が非常に高まります。

ソツのない接客をするためにはマニュアル化されたものは非常に効果的ですが、目指すのはその何歩も先であると思います。

作業ではなく、お客様を想う気持ちを行動に移せるプロとしての「仕事」として接客を見直してみられてはいかがでしょうか?

僕たちの会社も、全員がそうした対応が出来るわけではありませんが、目指しているスタイルは今回書かせていただいたものです。

いろんな方法があると思いますが、ひとつの方向性として考えていただけたらと思います。

 
オーダーメイドの接客2
2018/10/06 16:09

【部会長ブログ】


皆様お疲れ様です!


今日は九州から中国地方を台風が駆け抜けていきました。

昨夜から今朝にかけて、まだ台風が遠いのに結構風が強かったので、会社を臨時休業にしたのですが。。。


ただの風が強い日。くらいでした(汗)


まぁ、被害が出ないことが一番ですので判断ミスくらいは可愛いものです。(ポジティブ思考すぎますが)


さて、昨日の続きです。
オーダーメイドの接客ってどんなものなんでしょうか。

そもそも、多くの企業には接客マニュアルというものもありますよね。このマニュアルって、初心者の方々に対して、僕たちの会社の接客はこうしていくんだよ。というふうに分かりやすく書いてあるものなので、教育の時間をかなり削減できるすぐれものです。

若手の接客初心者が、ソツなく対応できるようにするためには抜群の効果を発揮すると思います。

アルバイトやパートを入れ代わり立ち代わり雇用されるような企業だと必需品とも言えるのではないでしょうか。

ですが、僕はこのマニュアル対応があまり好きではない、ヘソ曲がりものでして(汗)

自分が客としての立場の時も、マニュアル的な対応をされると少し残念な気持ちになるのです。

そもそも人って、千差万別でいろんな方がおられます。僕たちの業界でいえば、車というものに対する意識さえもお客様によって違うと思うのです。

車に名前をつけてらっしゃるほどマイカーを愛してらっしゃる方もいれば、ただの移動手段としてしか考えておられない方もいらっしゃいます。

当然、性格や生活スタイルも違うわけです。なのに、どんなお客様での同じように受け付けて、同じように修理をして、同じように納車をしていたのでは、マニュアルがなくてもマニュアル的な対応になってしまっている可能性もあると思うんです。いわゆる既製品の接客。

そうではなくて、しっかりと受付の時間をとり雑談をすることがとても大切だと思っています。(うちは下請けばかりだから関係ないなんて考えないでくださいね)

雑談のポイントは

・しっかりお客様を観察すること

仕草、言葉、髪型、服装、メガネ、爪、指、日焼けの具合、履いてる靴、カバン、急いでるかどうか

これらをしっかり観察していると、指の動きや視線などを見ただけで急いでいるかどうかが分かったりします。

持ち物を見ると、こだわりがある方かどうかが分かることもあります。

こだわりがあるものが見つけられたら、物凄く雑談の最高の材料になりますので、顧客管理ソフトにでも記入して次回のご連絡やお会いした時の雑談にも活かしてください。

こだわりのあるものが見つからなくても、服装や指先、身につけてらっしゃるものを「素敵な○○ですね」と褒めてみたり、日に焼けてらっしゃったら「何か趣味で日に焼けてらっしゃるのですか?」と聞いたり、日に焼けておられず、色白な方だったら「肌が白くて素敵ですね」と声をかけてみたり。。。

いきなり何の前触れもなく褒め始めるとナンパ師のようになるので気を付けないといけませんので、仕事の依頼の話を受けつつ、こうした雑談を入れていくと効果的だと思います。

明日は、なぜ雑談が良いのかを書いてみようと思います。

 
オーダーメイドの接客。
2018/10/05 15:38

【部会長ブログ】


皆様お疲れさまです!


山口では台風25号の影響でしょうか、少し風が強くなってきました。山陰側を通過すると風の影響をまともに受けやすいのですが、今回のルートはそのようなルートになっているようです。

コントロールできることに注力して、しっかりと対策をしていこうと思います。


今日は「オーダーメイドの接客」というタイトルでブログを書いてみます。

鈑金塗装という業種は、なかなか一般の消費者たいして差別化がはかりにくい業種で、結果的に金額だけをみて「高い」「安い」と判断をされていることも少なからずあるのでは。。と思います。


話は変わりますが、お店で購入することができる商品では、物によらず、既製品のものよりもオーダーメイドの商品の方が「価格が高い」という認識をお持ちの方が圧倒的に多いと思います。

大量生産される既製品よりも、当然手間がかかるということからもオーダーメイドの商品のほうが価格が高くなるのだと思いますが、そこに価値があるから、高い商品でもオーダーメイドのものが売れていくのだと思います。


そうなのであれば、我々の商品もオーダーメイドで付加価値をつけることができるのではないかと考えたのです。

鈑金塗装の技術的内容ではお客様に差別化を伝えることが難しいとしたら、接客対応の技術で差別化をはかり、お客様毎に違うオーダーメイドの接客術になるところまで磨き上げたら、選ばれ勝ち残る会社になり、更には価格のみで選ばれることもなくなるのではないかと思うのです。

以前にも書いたことがありますが、オーダーメイドの接客術とは例えばどんなものか。


明日のブログで書いてみようと思います。

 
事務局長ありがとうございました!
2018/10/04 17:46

【部会長ブログ】



10月2日 日本自動車車体整備協同組合連合会の事務局長の新井さんが逝去されました。

長きに渡り、組合の事務局として活躍をしてくださった方です。

組合の歴史も当然よくご存知でしたし、我々青年部会においては設立当初からご支援を賜っておりました。


どう立ち居振る舞えば良いかわからない時も、新井さんが居てくれたら、それだけで安心できるような方でした。

普段はあまり口数が多い方ではなかったように感じておりましたが、話しかけると優しく教えていただけました。


目を閉じると、笑顔が浮かんできます。


最後にお礼を伝えることができなくて、残念でなりません。

せめて、来週の通夜と告別式に参列して想いを伝えてこようと思います。


享年六十


新井さんの業界に馳せる想いも繋いでいきたいと思います。
僕が会長として臨む集大成の茨城全国大会を見ていただきたかった。

その想いも込め、やりきりたいと思います。

事務局長、ありがとうございました!

 
ページ情報 : 2/148    ページ指定 :    

<<<前のページへ    次のページへ>>>

 

お客様の声・作業レポート

ショップブログ

キーワード検索

気になる言葉で検索



 

会員様専用ページ

 ログインID
 パスワード
   

 

●●●●●●●●●●●●

フリースペース

フリースペース

フリースペース

フリースペース

フリースペース

フリースペース

フリースペース

フリースペース

フリースペース

フリースペース