サービスラインナップ

 

メインサービス

 

インフォメーション

             

             
             
             

 

             
             
             

             

             
             
             

             
             
             

             
             
             

 

 

 

             
             
             

 

新規で記事を投稿される方はこちら   

ニーズ
2020/07/13 20:40

副部会長の菅原です。
久しぶりに私から発信をさせていただきます。
ここ最近はオンライン〇〇といった、webを通じた取組が急速に増え、流行とも言える状況になっていますね。
もちろん今後スタンダードになってくると思います。

例えば男女の出会いに関して、僕ら世代の方は当時の出会い系サイトを利用することは、少なかったかと思いますし、違和感を持っていたかと思いますが、今はコミュニケーションツールとしてスタンダード。
そういった相談所としてビジネスも成り立っています。

これは、男女のコミュニケーションが悪化しているのではなく、出会うキッカケが変わったということでもあります。
「悪化」ではなく、「変わった」
そのキッカケというものがwebを通じ入り口になっています。

さて、先日オールジャパンプロジェクト(AJP)の活動の一つとして、オンラインセミナーを開催しました。
参加者のなかには、日車協連青年部会の総会や全国大会に参加したことがない方や、青年部会の活動を詳しく理解していない方も今回申込があり参加してくださいました。

泰楽講師によるセミナーが素晴らしかったことはもちろんのこと、セミナー修了後の参加者の反応がとても嬉しいものでした。
我々青年部会の活動に理解して下さり、何といっても「必要」だと感じてくれたこと。

これは中村年度として、大きな成果であります。
今回初めての試みであり、開催前はAJPメンバー全員が不安でしたが、終了後は「やって良かった!」と、成果を実感しておりました。

要は、我々の活動も「変化に対応して進んでいる」ということ。
数年前は会員さんに足を運んでもらい、我々青年部会の魅力を直接伝えていたし、私自信も足を運んで魅力を感じました。
その入り口はそこで起きている場所だったわけです。

これまで活動や魅力を伝えることが難しかった方にも、このオンライン〇〇やSNSでの活動は未来の会員さんのキッカケを作り、そしてそれが入り口となります。
青年部会として入り口の選択肢を増やし、本来我々の持つ魅力を総会や全国大会でオンライン以上に伝えていきます。

そして、今後の青年部会の活動として、変えてはならないもの、変えていかなければいけないものを選別し、この事態の教訓を活かして組合員さんに必要とされる青年部会で在り続けていきたいです。

好きか嫌いかではなく、「何が正しいか」

今後とも青年部会を宜しくお願いします!

次回のブロガーは東北ブロックの佐藤浩市ではなく、ととってもダンディー遠藤幹事でーす!


 
現場の流れを良くする取り組み
2020/07/10 10:48



皆さんこんにちは。近畿ブロック代表幹事の服部です。

先日からの豪雨の影響は皆様大丈夫でしょうか?被害にあわれました方々にはお見舞いを申し上げますとともに、一日も早い復旧を心からお祈り致します。この先まだ雨が続く予報となっておりますので、どうかくれぐれもお気を付けください。

さて、現在日車協幹事団が持ち回りで担当しておりますブログの順番が、とうとうわたくしめにも回ってまいりました。先にアップされている幹事団のブログを拝見させていただき、秀逸な内容に日々焦りが募り、わたくしの順番がきたらどういった内容のブログを書こうか毎日悩んでおりましたが、これといったものも思い浮かばずに今日に至りました。
というわけで、読んでみて‘当たり前の話じゃん’となるかもしれませんが、本日はありのままの弊社の現在の取り組みを書かせていただきます。
以前からよく弊社で問題になっていたこと、それは鈑金入庫車両の部品の段取りです。部品を注文しているかどうかわからない、鈑金作業を進めようとしたら骨格部分の部品が足りない、組付けを行おうとしたらパーツに塗装がされていなかった、最終組付け時に足りない部品が出てきたので部品待ちで納期が2日遅れた、その他あげていけばキリがありません。
一つづつ解決をしていくため、まず部品を注文しているかどうかを把握できるように、部品発注書に注文日と注文先の記載を行いました。が!記載していたにもかかわらず、FAXの送信忘れという凡ミスが頻発!部品届くの遅いなあ・・・と部品商に確認すると‘FAX届いていませんけど’・・・ガクッ これを解決するために、FAX送付した部品発注書に各部品の納期を記載してもらい、返送していただくことをすべての部品業者にお願いし、その返送された用紙を作業指示書に添付することにしました。その返送された用紙が添付してある作業指示書を、作業者が部品の注文漏れがないか、指示内容と損傷状況と合わせてみて不備はないかを確認してから作業にかかるようにしました。
作業途中で出てくる追加部品の注文は、以前は現場から作業員が直接部品商へ電話注文をしておりました。結果、請求漏れが頻発! お、おい・・・、そんな高額な部品を注文していたのか・・・、と頭を抱えたこと数知れず。解決策として、追加注文が出た場合は会社のグループLINEに・車名・ナンバー4桁・部品名を記載、部品画像を添付してフロントに報告するようにし、フロントが確認したら注文日と納期を記載してLINEに返信するようにしました。
パーツの塗装有り無しは、出来る限り前もって部品商に確認するようにし、さらに念押しで指示書にも‘P(ペイント)確認’と記載することにより、塗装作業に入る前に担当者がパーツを確認することで塗り忘れが(ほぼ)無くなりました。
これだけいろいろ手を打っておりますが、まだ100%ミスが無くなっているわけではありません。皆様の会社でも効率が良くなるような取り組みを色々と行っていることかと思います。こういった方法で改善されたよ、という取り組みがあればぜひ青年部Facebookなどで共有していただければありがたいです。

それでは次のブログ担当の菅原副部会長にバトンを渡しまーす!

 
表現力が豊かな人
2020/07/08 12:26

こんにちは。中村年度、監事の古田です。
まずは、今回の豪雨にて多大な被害が出ているとニュースで知り、大変驚いています。
ご家族やスタッフの皆様は大丈夫でしたか。

地域によってはかなりの浸水があったと聞いています。家の片づけなどご苦労も多いでしょうが、どうかご無理をなさらないでくださいね。

本来であればすぐにでも駆け付けてお手伝いをしたいところです。一日も早く元の生活に戻れるようお祈りしています。まずはとり急ぎお見舞いを申し上げます。

さて、幹事団ブログリレーの順番がやってきますとソワソワし仕事も手につきません。前回の島内幹事が素晴らしい内容を書いてくださいました。実は私も島内幹事と同じ内容を書く予定でしたが、先に取られてしまいました(笑)

幹事団のブログが更新されるたびに、みんなどんな事を書いているのかが大変気になります。私のようにブログの書き方が下手ですと、何を伝えたいのかがよくわかりません。と、言われることも度々です(汗)

そこで今回は、幹事団がどうしてこんなに表現力が豊かな人ばかりなのか。をお伝えしたいと思います。

そもそも表現力とは、自分の感情や思考を表現するための能力を持っている人を意味します。喜び、嬉しさ、悲しみなど、色々な感情を言葉や表情で豊かに表現できるのが特徴です。

その特徴をまとめてみました。

特徴1. 喜怒哀楽がはっきりしており、表情が豊か
特徴2. 常にブログやSNSで情報を発信している
特徴3. 語彙力に優れ、言葉選びのセンスが良い
特徴4. ジェスチャーを交えながら分かりやすく伝える
特徴5. 考えていることは遠慮せず伝える
特徴6. 素直で自分自身を偽らない
特徴7. 相手に「伝えたい!」という気持ちが強い

どうですか。幹事団すべての人に共通して当てはまることばかりだと思いませんか。当然、歴代幹事団の先輩にも同じだと思います。表現力とは、意識や行動を少し変えるだけで鍛えることができるものだと思います。

相手に「伝えたい」という強い気持ちを持っているため、無意識に体や雰囲気で表現してしまうのだと思います。彼らには「今後どんな人生を送りたいのか」「どんな価値観を軸にしていくのか」などをしっかりと想像し、ビジョンを明確に持ち、自信に満ちた発言や表現がでるのだと思います。

私も皆さんから、沢山学ばせていただきます
(⋈◍>◡<◍)。✧♡

今年はコロナの影響で日車協青年部事業も各単組事業も中止や変更などで、前例に無い事態が発生しております。冒頭でもお伝えしましたが、災害が起き先の予測でさえ難しい状況です。

コロナの影響で新たな時代に入ったのかも知れません。時代は刻々と変化をしてまいります。変化を柔軟に対応できてこそ、今回のコロナがもたらした影響を乗り越えられるのかもしれませんね。

これから求められるものは「変対」だとおもいます(^^)

と、言うことでお時間となりました。次回もお楽しみに。フルタでした。

お次は、いつも頼りになって、話してると楽しい服部幹事に繋ぎます。皆さんお楽しみに(^_-)-☆














 
しまうちブログ「費用対効果を考える」
2020/07/06 09:10
data1.webp

皆さまおはようございます。関東ブロック代表幹事の島内です。先日はオールジャパンプロジェクト企画、我ら泰楽監事が講師となって開催したWebセミナーに多くの方たちにご参加いただきありがとうございました。初のWebセミナーで、また多くの方たちに参加いただけるとなり、設営等の不安はありましたが無事盛会に終わりなんかの青年部員よりとても良かったとお声をいただいたので、ひとまず安心しているところです。

さて、本日は私が担当させていただきます。このブログは、役員が横の繋がりをもって代わるがわるブログを発信しているわけですが、今回はお題も「自由G-U」と言うことなので、現状、想っていることや考えていることを連ねてみようかと思います。

前回が「ブログの帝王」こと横岡相談役が担当でしたので、私のブログはサラっと流していただければと思います(笑)

それと、朝からブログをアップしました。すぐ読んでいただいた方には一日のテンションが上がる前なので、いまいち理解できない内容となるかもしれませんが、その時はご容赦願います(笑)

 最近ちまたでは「ウイズコロナ」「アフターコロナ」とコロナと共存して生きていかなければいかないと言われていますが、ここ数日感染者が増え続け、また緊急事態宣言や様々な自粛をしなければならない状態になるかもしれないと考えると気が重くなりますね。

でも私的には、一番心配なのが、「あぁ〜、また数週間呑みに行けなくなるのか。。。」や「せっかく他県に出かけるようになるかと思いきや、県内で自粛しないとダメか。。。」や「またしばらく仲間と会いづらくなるな。。。」等、どちらかと言うと仕事よりプライベートの方が気になる今日この頃です!(笑)←不純だわぁww

まあ、何を言いたいかと言うと、私が思うに、仕事とプライベートはセットと言うことです。プライベートが上手くいくと仕事のやる気やヒラメキも出るし、逆だと仕事中のモチベーションも上がらないのかなと。当然ながら仕事が上手くいくと、プライベートも派手になりますよね!←何が派手になるの!派手なのはボトムだけにして!(笑)

注:今回のブログは他の方からツッコまれる前に自分でツッコミを入れる形にしました。

 さて、そろそろ本気目(まじめ)に「本日のテーマ」を書かないと(笑)

では、、、

「費用対効果を考える」

 仕事に対しての考え方ややり方、経営理念、経営方針等今までのブログにも多く書いてあるので、私は上手く会社経営をしていく一つの考え方に焦点をあてて書きたいと思います。

 ビジネスを行っていると、無限に「やる」「やらない」の意思決定を行うことになります。
何を行い、何を行わないかは、永遠のテーマと言えますが、原理原則は「費用対効果」で判断することです。「いくら使うと、いくら返ってくるか」が費用対効果です。たとえば10万円分のお金や人件費を費やし、いくらリターンが返ってくるか。

10万円のリターンでトントン。

8万円のリターンでは赤字。

30万円のリターンであれば3倍の費用対効果になります。

 基本的にビジネスでは、最低限3〜5倍のリターンが必要とされます。それ以下のリターンの場合、自分達のサービスが世の中に求められていない、もしくは既に数多くの他社がサービス提供しており自分達でやる意味がない、と言えます。

また、費用対効果がトントン以下であった場合、持続性はなくなります。そして、リターンまでの期間が半年以上かかると、リスクはどんどん大きくなっていきます1年以上リターンまでかかるのであれば、多くの企業はそのリスクに耐えられないでしょう。

なので、費用対効果が高いことからやる。

 人やお金といったリソースは、驚くほど限られています。やりたいと思っていること、やった方がいいことの1/100も出来ません。それでは、限られたリソースの中で何から行えばいいのでしょうか?一つの答えは、「費用対効果が高いことからやる」ということです。

小さいリソースで大きなリターンを見込めることからやっていくのです。小さいリソースで大きなリターンを見込めることからやっていくことで、素早く大きなリターンを獲得し続けることができ、事業全体として力強く成長することが出来ると考えます。

 これは、今行う一つの考え方で、これにプラスして5年後、10年後のビジョンもしっかりと構築していけばさらに大変になっていく業界の中できっと生き残れると思います。

後半へ続く・・・次回私の担当は8月5日です(笑)よろしくお願いします。

さて、次のブログ担当者は私の大好きな、漢! 古田監事です。お楽しみに〜(#^^#)

それでは皆様、関東ブロック幹事島内良二でした。Chao♪(^o^)丿

 
あつ森から学ぶ新規ビジネス。
2020/07/03 15:27

皆様お疲れ様です。

約一年ぶりにブログを書くことができて喜びいっぱいの横岡です。
365個くらいブログネタが溜まっているので、何を書こうか迷いに迷って、今日は新たな視点を持つ話です。

皆さんはコロナの影響を受けて

「何か新しいことでも始めなきゃなぁ。。。」

って少しでも思いませんでしたか?
飲食業の方々が軒並みテイクアウトメニューを開発されたり、事務仕事ではテレワークが主流になったりしていく中で、我々の業界は技術ありきの職業ですからテレワークもテイクアウトもできないしなぁと考えたりしませんでしたか?

僕はめちゃくちゃ考えたのですが、現実的に考えて不可能に思えて考えることから逃げ出しそうになりました。

そんな時に、あるコラムを読んで衝撃を受けたのです。

コロナの影響もあり、世界中で爆発的に売れた「あつまれ どうぶつの森」というゲームは、無人島を開発して自分好みの家を建て、自分好みの部屋を作り、自分だけの最高に素敵な島にしていくゲームなわけですが、実に奥が深く、リアルな世界に近いものを感じるほど良くできたゲームなのです。

ただ、そのゲームの中にも非常に手間と時間がかかる作業があったり、自分ではオシャレな部屋のレイアウトが上手くできなかったり、逆に上手くいったときは記念に写真におさめたくなったりと、非常にもどかしい思いをすることもあるのですが、そのもどかしい思いを解決してくれるビジネスが生まれ続けているというのです。

例えば自分の島の草取りをしてくれたり、庭をきれいにしてくれたりというガーデニングや造園のサービスや、プロのカメラマンが面識のないプレーヤーの島に伺ってスクリーンショットを撮影し、自身のPCで加工したものをプレーヤーに送るサービスなど、仮想現実世界であるゲームの中でビジネスが実際に成立しているというのですから本当に驚きました。

ウェディングプランナーの会社まであるそうです(汗)

目からウロコというか、まったく自分が持ち合わせていない視点で実際にどんどん楽しみながら新たなビジネスにチャレンジしている人たちがたくさんいるんだと知って、ワクワクしてきました。

僕はつい、今までの常識にとらわれてしまいがちですが、もっと柔軟にいろんな角度からの視点を持ち合わせたいなと感じたのです。

今回のゲーム内のビジネスが良いか悪いかは置いておいて、多面的に捉えること。広い視野を持つこと。そして何より新たなことにチャレンジすることを恐れず楽しむことが大切なのだと思っております。

Googleという世界的な企業でもチャレンジでの失敗を祝う社内文化があるらしいですものね。

失敗を恐れずチャレンジし続けて、失敗したらハイタッチするくらい楽しみながら前に進みたいと思います。

だって、コロナ禍はビッグチャンス真っただ中ですもんね!

さて、次のブログ担当は関東ブロック幹事の島内さんです。宜しくお願いします。


 
学習と実行
2020/07/01 08:17

全国青年部会員の皆様、今年度副部会長を務めております
みんなのアイドルせきねたけしです。

オールジャパンプロジェクトの活動で重要な役割の一つ、情報共有として
幹事団のブログ発信が始まり、協力をさせて頂きます。
そのほか、動画配信も始まります!
オールジャパンプロジェクトの活動に目が離せませんよ!

幹事団、それぞれの視点でブログの発信をしています。
僕は、自社の取り組みをご紹介させて頂こうと思います。

今年の経営方針を社員に共有し全員で取り組む事を僕の目標にしています。
◆経営理念の浸透
◆組織運営の強化
◆先進対応(法令・技術)
この三つを経営方針として日々過ごしています。

◆経営理念の浸透について
社員それぞれに迷った時の判断基準としてもらう事を目標に
朝礼・ミーティング・個人面談を通じコミュニケーションを増やす様にしています。

◆組織運営について
社員それぞれが責任を持って仕事に向える為に個々の目標をもってもらう事を目標に
全体で月次目標を共有出来る様に、月初に全体ミーティングの場を作りました。

◆先進対応(法令・技術)
社員それぞれが環境を理解し技術向上に意欲を持ってもらう事を目標に
特定整備制度の説明を各部門で行い、必要な知識・技術の確認を行う様にしています。

会社組織のスキルアップをして、社内の結束を強化して全員で考えて行こうと思っています。
社員それぞれがスキルアップをする事で、存続して行く為の戦略を会社全体でたてる環境造りが
今の会社にとって課題なので、やるべき事、方法を模索しています。

日々のヒントとして
経営理念や組織運営に関して、オールジャパンプロジェクトの講師紹介制度での
単組での講習会や意見交換は勉強になっています。

先進対応に関しても、ボトムアッププロジェクトの資格取得の情報を元に、必要な資格を確認し
社員と一緒に資格の必要性を感じています。

組合活動での出会いは、学習する事がたくさんあります。
理念を軸に、目標を持ち実行する事の難しさと重要性を感じていますし
現状を把握し、全員で考え、自社に必要な戦略を立てる事の充実感も感じています。
さらに努力して強いものにして行く為に、未来戦略構築プロジェクトが発信をする
【分かりやすいSWOT分析】を社内で活用し、大変革期に挑んで行きたいとおもっています!

お問い合わせは、未来戦略構築プロジェクトまで(^_-)-☆

今年はコロナウィルスの発生で本当にすぐ先の予測でさえ難しい状況だと思います。
こんな時だからこそ!今までの学習が生きて来るんではないかと思います!
そして、慎重に実行に移せる様に残りの任期を全力で活動して行きますよーっ

それでは、横岡相談役へバトンを繋ぎます!
皆様、お楽しみに

みんなのアイドルせきねたけしより




 
歴史は繰り返される
2020/06/29 18:12

皆さんこんにちは。

中村年度にて監事をしております泰楽です。気が付けば日車協連青年部会に出向して6年目になりました。6年目と聞くとすごく長いように思えますが思い出深いことが沢山あり、あっという間に6年目になってしまったという感覚です。私の青年部活動はおそらくラストイヤーになるのではと思っておりますが、ブログを通じて皆さんのお役に立てるようにしっかりと書かせていただこうと思います。

緊急事態宣言が解除され、経済活動も少しづつ戻ってきているように感じますが、感染者の数もいまだ増えておりまだまだ油断できない状況かと思います。今年に入って誰もが今の状況を予測することは難しかったでしょうし、この先何年かしてコロナの状況をしっかりと振り返って、後世にこの経験を生かした施策を打ち出していかなくてはなりませんね。

私たちの業界も否が応でも環境の変化に適応して、これを新たなチャンスとして活かせなければ衰退してしまいます。これも歴史上の一つの教訓になるはずだと思います。

歴史といえばNHK大河ドラマ『麒麟がくる』が今年の1月から放送されています。その中で本木雅弘さんが演じている『斎藤道三』とその長男『斎藤義龍』を演じる伊藤英明さんの親子の関係でハッとさせられた。最終的には長男義龍は父親である斎藤道三を殺してしまうのだが、後に明智光秀や織田信長の行動に大きく影響を与えたと言われているので、もし親子関係が違ったものであれば歴史も大きく変わっていたのかもしれないと思うと、自分に置き換えて個人的な想いや一時の感情からの行動は気をつけないとと反省させられる。

斎藤道三・義龍の親子関係は諸説色々と書かれているが、道三は自身の立場にしがみつき権威や名誉を誇示しようとした。義龍はその父親の姿を見て最初は偉大な父と尊敬していたが、父親に対するコンプレックスが強まり、承認欲求が強すぎるあまり自信に対する劣等感に苦しみ、父親殺しでしか父親を乗り越えて次に進めないという最悪な結果になってしまった。

さすがに今の時代に父親を殺すという選択をする人はいないと思いますが、私自身も含めて親子の事業承継がスムーズにいかないということを良く耳にすることを考えると、歴史は繰り返され親子という特別な関係性ならではのとても根深い課題としてまだまだ教訓は生かされていないことに反省しかない。

今、私は積極的に父親とのコミュニケーションの時間を最優先にとるようにしている。親子だから共感してくれるだろうという甘さが結果的に組織のポテンシャルを無駄に下げてしまうということを痛いほど味わったからです。

そしてもう一つ、私が地位や名誉、権威なるものに執着しないようにしっかりと自覚して後世に引き継いでいこうと思う。

やっぱり歴史って時代を超えて色々と教えてくださる素晴らしいことだなあと改めて感じた次第です。

皆さんも身近なことに置き換えて教訓を生かして、コロナを乗り越えていきましょう

監事 泰楽秀一

 
スタートライン
2020/06/26 22:52



皆さん、こんばんわ〜
北海道ブロック代表幹事の「ヒグマ」の広川です。
最近では「北のプリンス」とも呼ばれています(笑)

先週、札幌では待ちに待った、高度化車体整備技能講習電子制御装置編(電子制御装置整備の整備主任者等資格取得講習)が開催されました。

すでに、4月1日改正車両法施行がスタートしたにも関わらず、コロナウィルスの感染拡大により、4月に開催予定の講習が中止になり、5月の延期も中止になり、ようやく、スタートラインに立つことできました。

仕事でも野球でも何事にもですが、スタート(最初)する
時が重要なキーポイントになると思います。

鈑金・塗装では最初の工程において、どこから修理するのか?最初にどの工具を使用するか?で明暗が分かれると思います。

野球は初回、初球、先頭打者などがキーポイントになります。

また、私たちの会社も「With コロナ」・[After コロナ」という新時代において働く場、働き方、オンライン強化など新たな勝ち残るための策もスタートしました。

日車協連青年部会でもオンラインセミナーがスタートしました。青年部会員限定で定員もあり、本日から申込がスタートしております。

7月4日土曜日 18時〜19時
日車協連青年部会認定講師の泰楽講師
テーマ 「日本一笑顔が溢れるお店を目指して」

色々な意味合いでスタートラインに立ちますが出遅れないようにしっかり準備をしていいスタートをきれるようにしましょう!

次回は「最初が肝心な」第一回オンラインセミナー講師の泰楽監事にバトンタッチします!

 
一歩
2020/06/24 09:34

皆さん、こんにちは〜! 
北陸信越ブロック代表幹事、オールジャパンプロジェクトの金箱です。
今日の…金箱の様子と言えば…先月5月から痛風発作と戦い(左足)、さらにコロナと戦い…今月に入っても発作が収まらず(右足)💦 毎日、見えない敵と戦っています(笑) 
さて、今月、15日から私たち幹事団からブログの発信をさせていただいております。

浪越幹事 
・特定整備で気になる事! 
(私たちの車体整備業では欠かせない事)

田中幹事
・今だから出来る事! 
(修理や塗装作業の検証! 検証をすれば、何かに気付 く)

樋谷専務
・真ん中に在るもの!
(組合員の魂! 次世代に自信を持って渡していける業 界を創る。)

柴田幹事
・日常から得るヒント!
(異業種からも学ぶべき事がたくさん、ある。)

シティーボーイ 副部会長 伊倉
・新型コロナと情報と変化
(様々な情報を取得していき、その変化に対応をして行 く!戦略や考え方が変わる)

幹事団お一人お一人の考え方や感じ方は様々です。私も、このブログを通じて勉強になりますし、考え方も変わります。そこには必ずヒントがあり、そのヒントを形にしていく事が経営者であると考えています。

とある研修会での言葉ですが・・・ 「カンニングとフライング」
読んで字のごとく、人の真似をし、新たな戦略を創り、周りの人より先に行動をする。                   
         一歩踏み出す事

是非、参考にしてみてください。

26日は北海道の ヒグマ 広川幹事より発信をさせていただきます。

 
新型コロナと情報と変化
2020/06/23 14:26

皆様こんにちは!東京目黒の生粋のシティボーイ、副部会長のお役目をいただいている伊倉です!久しぶりにブログを投稿させていただきますm(_ _)m

皆様、新型コロナの影響はいかがでしょうか?仲間にいろいろ聞いていますが、どうやら、都市部ほど影響が大きく、売り上げが30%程度落ち込んでいる工場が多いです、また、郊外になればなるほど、影響が少ないように思います。

シティボーイの僕は、おそらく影響をど真ん中で受けている人間の一人だと思います。都心では、弊社近くの山手通りの交通量がこの3か月間激減し、ようやく最近元に戻ってきました。そして、他業界の経営者やお客様とも話をしますが、就業スタイルを初めてとして様々な変化が生まれています。

・テレワークの日常化(通勤時間を仕事に充てることができる、外見を整えるための準備時間も激減する、結果、仕事に時間を費やせる)

・カーシェア離れ、自家用車の所有(電車通勤を嫌う企業がマイカー通勤を推奨し始めた、今、流行りのサブスクでの車両所有が増えている)

・会議や飲み会等の激減(会議はZOOM等のビデオ会議で十分で往復時間をカットできる、そもそも無駄な飲み会も多かったのではないかとあちこちで耳にします笑)

などなど、働き方や生活スタイルが変化し、そこに効率化を実感した場合、アフターコロナでも確実に定着していきます。経営面でいうと、今回、補助金や助成金・給付金を初めて活用した方々も多いと思いますが、国や自治体の補助を受けることでキャッシュフロー面で助かり、また、投資系の補助金を申請したいる方は、それを利用することによりより前向きな経営ができることに気づいた方も多いかと思います。

今回の新型コロナの影響により、僕自身もあらためて、たくさんの気づきや可能性を感じることができました。もちろん、ヤバイ点や課題が浮き彫りになったこともあります。そんな中、どんな形にしても変化が必要なことは確かだと思っています。ただ、変化をしていくには、正しく幅の広い情報を取得することが必須です。正しい現状把握から将来を予見しつつの経営管理や経営判断、近い将来に備えるための戦略構築や打ち手の判断等、すべてにおいて情報が必要になります。

中村年度の2年間、日車協青年部はブロック活動に重きをおいて活動しています。ブロック活動が活性化することで、各単組活動だけでは得る事ができない、幅広い情報を得ることができます。
また、今期の3プロジェクトの活動は情報を仕入れる事だけではなく、たくさんのブロックや部会員さんに情報が深く伝わること考えて活動を進めています。ぜひ、各プロジェクトからの今後の発信にご注目くださいー!

※写真 ちなみに弊社の最近の変化としては、先週からベトナム人材が入社しました。我々の業界で最も大事な「人材」とその確保も変化していきますね!

 
ページ情報 : 3/48    ページ指定 :    

<<<前のページへ    次のページへ>>>

 

お客様の声・作業レポート

ショップブログ

キーワード検索

気になる言葉で検索



 

会員様専用ページ

 ログインID
 パスワード
   

 

●●●●●●●●●●●●

フリースペース

フリースペース

フリースペース

フリースペース

フリースペース

フリースペース

フリースペース

フリースペース

フリースペース

フリースペース