サービスラインナップ

 

メインサービス

 

インフォメーション

             

             
             
             

 

             
             
             

             

             
             
             

             
             
             

             
             
             

 

 

 

             
             
             

 

新規で記事を投稿される方はこちら   

まだ総会が続いています。
2019/05/23 03:25


皆様、お疲れ様です。
総会当日、来て頂いてる皆様にはお伝えしましたが年明けて少し経った頃から総会当日まで、幹事のメンバーは会社で自社の仕事をする傍ら組合活動のため時間を費やしてくれています。
ですが総会の出来はそれにとどまりません。
週明けから賛助会員様、来賓の方々にお礼の電話、そして本日は三役で総括を兼ねて3時間のweb会議。
近々プロジェクトに分かれて総会発表の総括も行います。
今年の総会よりも来年は少しでもより良い総会を行う為に。
業界のことを考え組合の必要性を感じていただく為に。
いずれ巡り巡って自分達も幸せになれると信じを活動を行っております。

と、言う事で
僕たちの総会はもう少しの間続きます!








 
ありがとうございました。
2019/05/21 21:26

全国から多くの仲間の皆さんにお越しして頂き無事総会を終える事が出来ました。
横岡年度支えて下さった全国の皆さん
ありがとうございます!
そして今期頑張れよって、
エールを送ってくださっている全国の皆さん
ほんとありがとうございます!

総会に200名を超える方々にご参加をして頂き懇親会そして2次会へ。
半数を超える100名以上の仲間が来てくれ、設える側としてはほんと嬉しい!
この一言です。

全国の仲間と共に一つ一つ
何の為。
真ん中にあるものは何か。
を考え2年間活動を進めて行きます。

自分が目指すものは
Win−Winでは無く
Happy&Happy!

何卒、2年間よろしくお願いします。
  青年部部会長 中村悟

 
甚謝!
2019/05/17 14:01



【部会長ブログ】


皆様お疲れ様です!


いよいよ今日で僕の部会長としてのブログも終了です。

2年間毎日欠かさずやり遂げることができました。2年間の任期日数は727日。727回のブログを書いてきましたが、少しでも会員の皆さんに想いが伝わっていれば嬉しいです。

というのも、ここ最近ずっと支えてきてくださった方々への感謝の言葉を述べてきましたが、何といっても会員の皆さんのご理解とご協力に感謝しております。

それがなければ何も成し遂げられなかったからです。

もちろん大目的は、次世代に自身を持って渡していける業界を創ることですが、それは会員の皆さんの日常がより良くなっていった結果、自信を持って渡していける業界になるのだと思います。

その為に自分なりに全力を尽くしてきたつもりです。

ですが、自分の力不足や未熟さを痛感する2年間でもありました。

もっというと未熟ゆえに多くのことを学ばせていただいた2年間であったと思います。

そんな未熟な部会長に理解を示し、協力してくださった会員の皆さんに心から感謝しております。

明日の総会で、少しでも感謝の意を伝えられたらと思います。


野村さんは青年部会に必ず必要な人だから何とか戻ってこれるようにしたかった。

志半ばでいってしまった仲間の想いをとげられるように、もっともっと業界を良くしていきたかった。

この仕事の素晴らしさをもっと社会に周知したかった。

職人さんの凄い技術にもっと光を当てたかった。

達成できなかったことを挙げればきりがないほどです。


2年間は、あっという間。

未熟な僕には時間も足りないように感じました。でも、そんな未熟な僕を自社のスタッフたちは必死で支え留守を守ってくれました。

地元の青年部会の皆さんも大勢で総会や全国大会に駆けつけてくれました。山口から駆けつける為の費用や時間の捻出は大変だったと思います。

関わってくださった全ての方に感謝です。
その感謝の気持ちを持ちながら未熟者なりの精一杯を尽くしました。

達成できなかったものは次のステージで叶えていきます。

添付の写真のメンバーたちと共に。


輝ける未来へ向けて。

GIVERSとして。


そして最後に次期のメンバーのこれまで以上のご支援をお願いしまして、ブログを閉じようと思います。

2年間の多くのご支援、ご協力、ご理解に甚大なる感謝を申し上げます!


日本自動車車体整備協同組合連合会
青年部会 第七代部会長 横岡摂樹


 
支えていただいた方々3
2019/05/16 19:00

【部会長ブログ】


皆様お疲れ様です!


ここのところ、振り返ってばかりいますが、ちゃんと前も向いております。

次期幹事団は各プロジェクトにわかれ、それぞれが自分たちの役目に徹して日夜ウェブ会議で打ち合わせをしたり、地元のブロックをどう盛り上げるか考えてくださっています。

明日には事前準備で都内入りしますので、今日は仕事の段取りをつけるために必死で働いてくださっていると思いますが、今夜もウェブ会議をするという話もきいておりますので、本当に頭が下がる思いです。

お越しいただく会員の皆様に少しでも情熱を伝えていき、共に活動していく原動力になるよう精一杯を尽くしてくれていると思います。

僕自身、明後日の総会がとても楽しみです。

さて、今日も支えていただいた方々に感謝を込めてお礼を伝えていきたいと思います。

任期満了間近になり、今までバトンを引き継いできていただいた歴代部会長は本当に凄い方々だなと改めて感じています。

内山初代が事務局の新井さんと全国を歩いてくださったから、この組織ができたのです。ゼロからのスタートで作り上げる苦労は並大抵のものではないと思います。

作り上げてくださったから僕たちは活動できているのです。未来に向けて結束することもできるのです。

そして、その内山初代の熱い想いを萩原2代が引き継いでくださり、塩見3代へとバトンを渡され、(このブログを始めてくださったのも塩見3代です。)神山4代が市村5代にバトンを渡し、それを官澤6代が受け継ぎ、7代目の僕へと繋がってきたのです。

次世代に自信を持って渡していける業界を創る

京都宣言の一文ですが、バトンを渡すだけでも、その任期中にいろんなことがあったと思います。それでも理想に近づけるように必死で努力をされ、僕たちにバトンを繋げてきてくださった歴代の部会長や、幹事団の方々には何と御礼を申し上げて良いかわかりません。

組織というのは何となく出来てなんとなく継続されていくものではないと分かってはいましたが、その組織を引き継いでいくことの大変さを身を持って感じ、感謝の気持ちで溢れています。

昨年亡くなられた山岸さんにも、たくさんのことを教わりましたし厳しいお言葉もいただきました。こんな事を言うと山岸さんに笑い飛ばされそうですが、今後も山岸さんの想いも引き継ぎ、業界のために行動していこうと思います。

同じく、昨年亡くなられた新井事務局長にも、多くのことを教わりました。幹事会にもご出席いただき、右も左もわからない僕に、こと細かく丁寧に教えてくださり、優しく対応してくださいました。この御恩を忘れず、連合会を想って行動し続けられたことへの感謝の気持ちをも込めて組合活動をしていこうと思います。

最後に賛助会員の皆さんにもたくさんお世話になりました。毎回、総会や全国大会にもお越しいただき、お声がけいただき、笑顔で挨拶してくださり、出展ブースにも協力してくださいました。

特にブロードリーフさんには毎回、機器のセッティングや準備までお願いしており、大変なご苦労をかけたと思います。

ご支援を賜り、幹事団を代表して御礼申し上げます。


本当に、多くの方に支えられて活動が出来ていたんだなと改めて気付かされることばかりです。

実際は、もっともっと多くの方に関わっていただき、支えていただいております。

小倉会長にも山元副会長にも平塚副会長にも理事の皆様にも。

市村5代には何度も相談にのってもらいなかなかご恩返しができておりません。

神山4代にも食事に誘ってもらったり相談にのってもらったりしました。

官澤6代にもバトンタッチゾーンで、いろいろとご配慮頂き、親会との顔つなぎなどしていただき非常に助かりました。二人で一緒に北海道に行ったのも良い思い出です。

初代専務の須賀先輩には所信を書くときに、随分とアドバイスをいただきました。

奥田前専務にも何度も教えてもらい、喝を入れてもらったこともあります。

本当にありがとうございました。

そしてこれからも、どうぞ宜しくお願いいたします。


いよいよ明日は都内入りです。そして、ブログの最終日です。毎日書くのも大変でしたが、終わるとなると寂しいものですね。

明日は5時起きで移動し、終日スケジュールがぎっしりですので、いつ最終のブログを更新できるかわかりませんが、必ず更新します。

ぜひ、明日の最終ブログも目を通してください。

そして、明後日の総会でお会いしましょう!

 
支えていただいた方々2
2019/05/15 21:23



【部会長ブログ】


皆様お疲れ様です!


今日は本当に陰ながら支えていただいた方をご紹介しようと思います。

全国総会や、全国大会では毎回オープニングに動画を流していますが、そのオープニング動画を作成していただいていたのは、奈良の青年部会員である井本さんです。

ずいぶん前から、奈良の青年部会事業の案内文書や総会でのスライド作成などがセンスが良すぎて業者さんに依頼しているのか気になっていたのですが、奈良から出向してくれている副部会長の中村さん(次期部会長予定者)に確認したところ、青年部会員の井本さんが作成していることが分かり、ものすごく驚いたのです。

ですから、僕の部会長就任が決まった2年前に幹事団の名刺作成依頼から始まり、先ほど申し上げたとおり、オープニング動画の作成依頼を全て井本さんにお願いしてきました。

一昨年と昨年の全国大会のフライヤーも井本さんの作成ですし、茨城全国大会前段に開催した戦略構築サポートセミナーのフライヤーも井本さんです。

地元の奈良車協青年部会では副部会長という大役をしながら、僕からの依頼と期待に応え続けてくれました。

もちろん、自社の仕事もこなして組合活動もしっかりして、その余裕時間でハイクォリティな動画やフライヤーを作成されるわけですから、睡眠時間を削ってのことだったと思います。

任期終了間際の今にご紹介することになって申し訳ないほどですが、毎回期待以上のクォリティに仕上げていただき、本当に感謝しております。

そして、今週末に開催される全国総会のオープニング動画も既に完成しておりまして、その製作者も井本さんですので、オープニングからワクワク期待していただけると嬉しいです。

井本さん、ありがとう。

僕の想いを反映しようと努めてくれて、すごく嬉しかったです。

井本さんのおかげで、場の雰囲気が締まったり、盛り上がったり、集客力が上がったりと、本当に助かりました。

以前にもお伝えしたことがありますが、デザインの力は何をも凌駕するものだと僕は思っています。

これからもデザインの力と自社の技術力を上手くミックスして、どんどん活躍の場を広げていってください。

その中で、壁にぶつかったり悩むことがあればいつでも連絡ください。受けた御恩に報いる覚悟がございますので!

こうして我々はいろんな方に支えられていたんだなと、振り返りながら感謝の気持ちで一杯になっています。

このブログもいよいよ明日と、明後日で終了です。

あと二日間、お付き合いください。
最後まで宜しくお願いいたします。

 
支えていただいた方々1
2019/05/14 17:01


【部会長ブログ】


皆様お疲れ様です!


連日、ありがたいメッセージをいただいたり、お花をいただいたりで、2年間走ってきたことが少しでも伝わっていたんだと実感しているありがたい日々です。

その度に嬉しくて泣きそうになりますが、まだ終わってない。最後の最後までしっかりしなくちゃと自分に言い聞かせ頑張っております。


さて、昨日まで幹事団のご紹介をしつつ個人的にお礼を伝えてまいりましたが、今日は役員ではありませんが、協力しサポートしてくださってくれた方々をご紹介しようと思います。

まずは各単組部会長の皆様です。

札幌青年部会  菅原部会長

青森青年部会  寺沢部会長

岩手青年部会  井上部会長

宮城青年部会  遠藤部会長

秋田青年部会  川村部会長

山形青年部会  大江部会長

新潟青年部会  関 部会長

富山青年部会  坂井部会長

石川青年部会  山本部会長

長野青年部会  金井部会長

茨城青年部会  島内部会長

群馬青年部会  反町部会長

埼玉青年部会  南 部会長

千葉青年部会  安蒜部会長

東京青年部会  榎本部会長

山梨青年部会  森田部会長

福井青年部会  松川部会長

岐阜青年部会  平光部会長

愛知青年部会  渡辺部会長

京都青年部会  内山部会長

滋賀青年部会  大野部会長

大阪青年部会  粉川部会長

兵庫青年部会  藤田部会長

奈良青年部会  小田部会長

和歌山青年部会 服部部会長

岡山青年部会  谷野部会長

山口青年部会  藤野部会長

香川青年部会  池田部会長

熊本青年部会  鋤崎部会長

宮崎青年部会  中島部会長

鹿児島青年部会 小原部会長


以上が全国の単組部会長の皆様です。今期限りで退任される方もいらっしゃれば、引き続き部会長として頑張ってくださる方もいらっしゃいます。

日車協連青年部会の活動にご理解をいただき、ブロック会議や全国部会長会議、総会、全国大会へのご参加本当にありがとうございました。

また、その都度情報の共有や、配信資料の単組内での配信など、大変なお手数をおかけいたしました。

最後の最後になりますが、僕からの明確化シートシリーズ最終版が本日か明日配信になります。最後の置き土産となりますが、配信にご協力いただけると嬉しいです。

単組部会長としても、いろいろとあったと思います。やりたいこと、やれなかったこと、自分との葛藤があったと思います。そんな中、この業界のために時間を割いていただき行動し続けてくださったこと、本当に素晴らしいことだと思いますし、感謝し、その行動や意図に対して尊敬をしております。

単組部会長の皆さんのご理解がなければ、たった15人程度の幹事団では何もできなかったわけです。

たまたま僕が部会長の時に単組部会長を受けることになった方がほどんどだと思いますが、ご縁に恵まれて幸せに思います。

どうか。

どうか、この単組青年部会長としての経験を活かし、自社の発展に繋げていただきたいと願いますし、これからも組合活動にお力添えいただけたらと思います。

我々青年部会は、自身が親会の運営をするようになった時、青年部会の時の経験が活きるようにとの意味合いも込めて存在しております。

個社では乗り越えられない未来へ向けて、結束力を更に強固にするためにも単組部会長経験者の皆さんのお力は必ず必要です。

GIVERSの気持ちを忘れずに、これからの更なるご発展ご活躍を祈念し、お礼の言葉とさせていただきます。

ありがとうございました!!!

 
大原専務
2019/05/13 20:36



【部会長ブログ】


皆様お疲れ様です!


今日は幹事団のご紹介最後でございます。最後のご紹介は部会長である僕の女房役として2年間めちゃくちゃ支えてくださいました大原専務です。

大原専務との出会いで僕がよく覚えているのは、広島の全国大会です。

大原さんの方から話しかけていただき、とても接しやすい方だなという印象がありました。

それからほどなくして、中部ブロックの幹事に就任されていますので、役員として5年以上に渡って活躍してこられました。

そのうち4年間をともに役員として活動してまいりましたが、誰よりもきちんとされた方で、ずっと共に活動していて、その印象が変わることは一度もありませんでした。

ですから三役の指名をする時も、まず最初に大原さんに専務を受けてくださいとお願いしたくらいです。大原さん以外に考えられなかったので引き受けてくださって心から安堵したのを覚えています。

専務の仕事って、部会長のように表に立って挨拶をするわけでもありませんし、どちらかというと裏方の仕事なので、どんな仕事をしているか伝わっていないことが多いと思います。

実は僕たち幹事団が不自由なく活動してこられたのは、専務が裏方として様々な段取りをしてくださっているからなのです。

親会と違って、青年部会専属の事務局さんがいるわけではありませんので、事務仕事から会計、会場手配、旅費の計算から支払いまで業務内容は多岐にわたります。

皆さんがお申し込みいただいている総会や、全国大会の参加表明も、全て専務が集計していて、その参加申し込み費用も全て入金金額との整合性まで確認してくださっているのです。

昨年の茨城全国大会などは400名を超える申し込みがあったので、それを1人で受け付けていることを考えただけでどれだけ大変か分かっていただけると思います。

歴代の専務は初代が須賀さん、2代目が高橋さん。3代目が奥田さん、その次が大原さんなのですが、どの方も素晴らしい方ばかりです。

専務職が出来たのが第4代部会長の神山さんの時からですので、まだ4名しかいらっしゃいませせんが本当にどの方もスマートに専務職をこなしていらっしゃいました。

大原さんが専務になるとき、今までの専務の方々のようにはできませんとおっしゃっていましたが、僕が思うに歴代最高の専務じゃないかと思います。(諸先輩方本当にごめんなさい。)

常に僕を立ててくれて、一歩下がって女房役に徹してくれました。

僕は気が利かないので、あれやこれやと指示出しすることも上手く出来ていませんでしたが、何にも言わなくても準備をしてくれていたり、逆に専務のほうからそろそろこの準備をしませんかと提案していただくことがほとんどで、事実上の会の運営をしてくださっていたのです。

大原さんのように信頼してお任せできる専務がいてはじめて幹事団は思う存分、その手腕を振るうことができたのです。

僕の女房役は本当に大変だったと思います。

大原さんがいてくれてよかった。

大原さんにお任せして良かった。

どれだけ助けられたことか。

言葉に尽くせないほど、ありとあらゆる面でサポートしていただきました。

その大切な女房役の大原専務はこの総会で幹事団を卒業されます。

ずっと4年間、最低でも2ヶ月に1回は顔を合わせてきましたし、この2年間はウェブ会議や電話を入れるとものすごい回数で関わってきました。

ですが、これからは会う回数もぐっと減ってきます。
めちゃくちゃ寂しいです。

もちろん、そんな日がいつか来るとは思っていましたが、もう数日後にはその日がやってきます。

親会の活動を地元の岐阜県で活発にされていかれることと思いますが、やっぱりどう考えても寂しい気持ちが抑えられません。

いつも誰よりも早く会場入りをして準備をしてくれていた大原さん。会場の打ち合わせも任せて安心だったので、任せっきりでした。

まだ最後の総会が残っていますが、やりきったと胸を張って言えるように最終日を迎えたいと思います。

ありがとう専務。

ありがとう大原さん。

同じ時代に生まれ、同じ業種につき、一緒に役員として活動できて本当に幸せです。

次のステージでも頑張っていきましょうね。大原さんも必ず業界に必要とされる人ですから。

 
中村副部会長
2019/05/12 14:44



【部会長ブログ】


皆様お疲れ様です!


日曜日に書くブログはこれが最後です。休日は出張で移動していることが多く、地元にいても平日とは違ったイレギュラーなタイムスケジュールで行動していることが多いので、休日にブログを書くことが意外と大変でした。

なんとか休日も書ききれて良かったです。ブログも後、数日。最終の17日金曜日まで頑張ります。

さて、今日は中村副部会長のことを書きます。
中村さんは言わずと知れた、次期部会長予定者です。おそらく今も、週末の総会に向けていろいろと打ち合わせなどをされていて大変な時期だと思います。

もちろんスタートしてからが本番ですが、スタート前の準備期間がもっとも大切だと言って過言ではないと思います。

特に今回は新ブロック幹事になられる方が9ブロック中、8人もいらっしゃるのでチームの形成にしっかり時間をかけないといけないからです。

そうしたチームの形成には、それぞれの人によって違う関わり方など気を使う面が多く(僕はそうした気遣いが非常に下手でしたが:汗)中村予定者は、こまめに連絡を取り、相手を想う声掛けができる人なので、とても安心です。

茨城の全国大会の時もお伝えしましたが、中村さんは非常に相手を思いやる気持ちを持つ熱い人です。

これからは戦略と人を大切に思う心の両輪が揃わないと厳しくなってくると、このブログで何度も書いてきましたが、中村さんはその人を大切に思う心をお持ちですので、新ブロック幹事さんたちもそこをしっかりと学ばれると良いと思っています。

2年前、僕から中村さんに副部会長になって欲しいと伝えたとき、めちゃくちゃ喜んでくれました。感激して泣きそうになってくれたほどです。

それでも、事の重大さをよくよく噛み締め、安請け合いせずにしっかりと吟味してから引き受けてくれました。

その時に。

「僕は何があっても横岡さんの味方でいる。嫌われ役になってもいい。横岡さんが攻撃されそうになったら僕が守るし、横岡さんが推進したい事業は全力でサポートする。絶対的な味方がここにいることを忘れないで欲しい。」

そう言ってくれました。もーね、めちゃくちゃ嬉しかったですよ。だからと言って、イエスマンだったわけでもなく、より良い事業にするために、より良い設えにするためにきちんと意見も出してくれるし、何よりも「目的」からブレそうになると、必ず「目的」に立ち返って考えることができる人なので、とても心強かったです。

心強かった。

青年部会の皆さんなら、ほとんどの方は少なからず経験したことがあるかもしれませんが、リーダーは孤独を感じることがあります。

ですが、こうした絶対的な味方がいるということは、ものすごく心強いのです。

宴会部長的な一面しか知らない人には、ぜひこれからの2年間で、中村さんの人間味ある対応の素晴らしさを体感して欲しいと思います。

自動車がどんどん変わり、進化していく現代において、人としての大切な繋がりを、おざなりにしてしまいがちですが、今こそそうした人を大切に思う心が大切になってくるのだと思います。

人材を確保するうえでも、そこが大きなポイントですものね。

次の土曜日に中村さんをリーダーとして誕生する新たな幹事団のチームワークに大期待です。

今までも副部会長という大役を担いながら、深夜まで仕事をして、組合活動に奔走してこられたので睡眠が少ししか取れていないことも多々あった中村さん。

これから部会長として、2年間元気な体で走りきるためにも睡眠はしっかりととれるように無理のない範囲で頑張って欲しいと願います。

どんな時も味方であってくれてありがとう。

何とかしようとしてくれて、いつもギリギリまでしっかり考えてくれてありがとう。

泰楽さんと一緒に僕のことをサポートしようとしてくれて、不甲斐ない僕を支えてくれてありがとね。

本当に心強かった。

だから

これからの2年間。僕もどんな時も味方でいますからね。応援していきます!!!

 
泰楽副部会長
2019/05/11 15:50


【部会長ブログ】


皆様お疲れ様です!


今日から、もっとも僕のそばで2年間支えてきてくれた三役をご紹介していきます。

右腕左腕、そして頭脳となり僕の未熟さをカバーしてきてくれた三人です。

このお三方には生涯頭が上がりません。

本当に素晴らしいサポートぶりとリーダーシップを発揮してくださいました。


まずは泰楽副部会長のことを書いてみようと思います。

泰楽さんは単組部会長として同期で、泰楽さんと出会ったのも6年前です。

広島で開催された第三回全国大会の2次会で開催された「日本一の部会長は俺だ!ゲーム」で日本一を獲得された、いわゆる「持ってる男」です。

出会ってからずっと何となく「この人は凄いなぁ」という感覚を持ち合わせておりましたので、日本一の部会長は俺だ!ゲームで勝たれた時も、やっぱりな。という感覚でした。伝えたことはありませんが(笑)

そんな泰楽さんと縁が深まったのも市村歴代が部会長の時に開催された全8回に渡る研修会に共に参加した時です。

毎月毎月顔を合わせるうちに、泰楽さんの体格の割に接しやすい性格が分かってきて(笑)市村歴代に毎回イジられる、イジられキャラなのも分かってきて、それ依頼、僕もずっとイジリ続けてきました(笑)

とにかくバランスが良い方です。そして、にくめない性格ですし、愛されキャラです。

僕がいなくても、いつでも代わりに全国の部会長としてリーダーシップを発揮できるくらい素晴らしい方です。

実は、任期中に埼玉県の理事長に就任されたことで僕の後任の選はなくなりましたが、後任に名前が挙がっていたことは事実です。

僕が困り果てて、一人で悩んでいた時には、いつも電話してきてくれました。

柔らかく、遠まわし遠まわしにサポートしてくれていたこと、とても嬉しかったです。

世話のかかる部会長の面倒を見てくれて本当にありがとうね(汗)

そんな泰楽さんはプレゼン力も素晴らしくて現在、日本で最も多く講演依頼がきている鈑金塗装業の方だと思います。

地元埼玉で理事長をこなしながら、あの多くの講演依頼に応えている姿は、まさに業界に明るい希望をもたらす救世主のような存在だと思っています。

自身の経験から得た知識をあますことなく伝えていかれる様子はまさにGIVERSとして体現されているのではないでしょうか。

来週の日車協連青年部会の翌週は僕の地元山口の車体組合の総会なのですが、そこにも講師としてお越しいただく予定になっております。

ここ一年くらい、かなりのハードスケジュールが続いておりますので、体を壊さないか心配です。

体に無理のない範囲でGIVEを続けていってくださいませね。

僕にはないものをたくさんもっていらっしゃる泰楽さん。

いつも笑顔で迎えてくれる泰楽さん。

どれだけ泰楽さんに救われたことか。

僕のサポート役は大変だったと思いますが、いつも味方でいてくれて本当にありがとう。

泰楽さんがいてくれて良かった。
心からそう思います。

ありがとう。

そして、これからもどうか宜しくね。
志を共にする仲間として、歩んでいけるように僕も頑張りますから。

 
原監事
2019/05/10 21:05

【部会長ブログ】


皆様お疲れ様です!


いよいよ総会まであと1週間となりました。今の幹事団というチームが解散まであと1週間と考えると、本当に寂しさが募ってきます。

さて、そんな寂しさを感じながら今日は原監事のことを書こうと思います。

原さんとの出会いは、今から6年前でしょうか、全国総会の受付にいらっしゃって、僕は初めての参加だったので受付であたふたしてたら、原さんの優しさでフォローしてくれたのを覚えています。

関東ブロック代表幹事として2年、そして副部会長として2年、そして今期の監事としての2年と計6年に渡って日車協連青年部会の役員を務めてくださいました。

特に前期の副部会長としての活躍ぶりを僕は忘れることができません。というのも、僕が中国ブロック代表幹事だったときのプロジェクト担当副部会長だったからです。

オールジャパンプロジェクトというものが初めて出来て、手探り状態で始まった感じでしたが、原さんのリーダーシップで次々と事業が進んでいき、ウェブ会議を重ねるたびにチームワークが形成され、何より、原さんのトークが面白くてウェブ会議が楽しみで仕方ありませんでした。

僕に幹事としての「いろは」を教えてくださったのは原さんなのです。

とにかく優しくて面白い原さんは、いろいろ話を聞き出すのも上手で、そこからプロジェクトメンバーの魅力を上手に引き出してくれました。

振り返ると、そのリーダーシップは最高のものだったと思います。魅力を引き出された本人が、引き出されたと気づかない関わり方って最高だと思いませんか?

トーク力がずば抜けていて、いつも参考にしようと思いながら、なかなか真似できないハイレベルな話術です。

そんな素晴らしい原さんですから、監事になって欲しくて僕は随分無理なお願いをしました。

ですが、諸事情があってなかなか引き受けてもらえなかったのです。それは原さんの中での「けじめ」がありましたし、物理的に難しい状況もあったからです。

ですが無理なお願いに無理を重ねて伝え続け、ギリギリのタイミングで引き受けてくださったのです。

僕を含めた現三役は、三役経験者が1人もいません。全員元ブロック幹事ですし、原さんが受けてくださらなかったら過去のことがまるきり分からなくなるおそれもあったので、本当に受けていただけてありがたかったです。

副部会長としてのリーダーシップとは違い、監事としては、一歩引いて客観的な視点を持ち、冷静に判断していつも的確な監事講評をしてくださいました。

言いたいこともたくさんあったと思います。

ですが、監事の立場に徹してくださり、いつも見守っていてくれました。

オールジャパンプロジェクトメンバーの時はワガママ放題の僕を受け入れてくれてありがとうございました。

そして、この2年間は監事として、そして仲間として僕を支えてくださり、本当にありがとうございました。

原さんがいてくれるという安心感は何にも変えがたかったです。

優しさに甘えてばかりで、何にも恩返し出来ておりませんが、これから少しずつお返しできたらと思います。

原さんがプロジェクトの担当副で本当に良かった。

原さんといるとめちゃくちゃ楽しかった。

いろんなことがあった6年間だったと思いますが、この6年間を糧にして、これからの更なる飛躍を祈念しております。

ほんと、ありがとう原ちゃん!!!


 
ページ情報 : 1/169    ページ指定 :    

次のページへ>>>

 

お客様の声・作業レポート

ショップブログ

キーワード検索

気になる言葉で検索



 

会員様専用ページ

 ログインID
 パスワード
   

 

●●●●●●●●●●●●

フリースペース

フリースペース

フリースペース

フリースペース

フリースペース

フリースペース

フリースペース

フリースペース

フリースペース

フリースペース