サービスラインナップ

 

メインサービス

 

インフォメーション

             

             
             
             

 

             
             
             

             

             
             
             

             
             
             

             
             
             

 

 

 

             
             
             

 

新規で記事を投稿される方はこちら   

危機管理
2018/06/18 19:04

【部会長ブログ】


皆様お疲れ様です。


今朝、大阪府北部で震度6の地震が起きました。

ちょうど朝の慌ただしい時間帯。
私は会社について段取りの確認をしていたところだったので把握が遅れ、幹事団からの連絡で知りました。

分かる範囲で連絡を取り、安否の確認と現状把握の依頼をしましたが、実際は助けに行くこともできず無力な状態でした。


北部以外の状況は少しずつ明らかになっていくものの、北部の状況はよく分からず悶々としていましたが、入ってきた情報によると、決して楽観視できるものではなく、回復に時間を要すものもあります。

余震を含め、これ以上被害が拡大しないことを願うばかりです。

そんな中、近畿ブロック幹事の樋谷さんから連絡をいただいたのですが、阪神大震災を経験されているだけあって、対応はさすがです。

危機管理が私などより数倍出来ていて、逆に私の親族の心配をしてくださるほどでした。


大阪府北部では断水も続いているようです。明日以降も厳しい日が続くかもしれませんが、全国の仲間もいます。辛い時は遠慮なく声を上げてください。
我々は、助けがいるときは必ず力になりますので!!!

 
茨城車協青年部会 通常総会
2018/06/17 17:56



【部会長ブログ】


皆様お疲れ様です!


昨日は全国大会の会場である茨城は土浦市にございますホテルマロウド筑波の視察にいき、会場担当者の方と打ち合わせをさせていただきました。

立派な会場なので皆さん楽しみにしておいてください!


その後、茨城車協青年部会の第26回通常総会に参加させていただきました。

総会のお祝いはもちろんのこと、全国大会の開催地に決まって準備も大変になってくると思いますので、苦労も含めて一緒に楽しみまくりましょう!とのお願いをさせていただきました。

第26回

素晴らしい歴史ですね。現理事長である滝口理事長が立ち上げ時のメンバーなんだそうです。

理事長が「感慨深い」とおっしゃっていたのが心に染み渡りました。。。 
次世代に自信を持って渡していける業界を創る。僕たちと同様に考え、行動して繋いできてくださったんだなと。。。

そして

今バトンを受け継いでいらっしゃるのが島内部会長をはじめとする青年部会のメンバーの皆さんです。

島内部会長の挨拶も素晴らしく、この年度をやりきる!全国大会を絶対に成功させる!という覚悟を感じられるものでした。

全国大会の準備は大変かもしれないけど、大変だ大変だと言っていっぱいいっぱいになっていたら、正しい判断も出来なくなってくるし、良い結果にも繋がらない。楽しむことが大切だ!という話でしたが、まさしくその通りだと思います。

僕も楽しみながらやって欲しいと心から願いますし、僕たち幹事団も楽しみながらやろうと思っています。

楽しいことは楽しみながら考える。

全国の皆さんをどうやって驚かせて、どうやって楽しませるか。


考えただけでワクワクします。

茨城の皆さんと心を合わせて全国大会まで全力で行こうと思える良い総会と懇親会になりました。

茨城青年部会の皆さん本当にお世話になりました!

 
高齢者の活用?
2018/06/16 13:08

【部会長ブログ】


皆様お疲れ様です!


今日は茨城の青年部総会に参加する為に、茨城の土浦に来ております。

土浦といえば、今年の11月10日に全国大会が開催される場所なので、会場視察も含めてお邪魔させていただいております。

私だけではなく、三役揃っての参加です。関東ブロック幹事の伊倉さんも参加されるので、本当に副部会長の二人、専務の大原さん、幹事の伊倉さんにも大感謝です。

しっかり視察してまいりますので、全国大会楽しみにしておいてくださいね。


今日は、人材確保の話を書いてみようと思います。今朝の日経新聞に定年を70歳まで上げる案が濃厚になってきていると書かれていました。

先日のブログにも書きましたが、生産年齢人口がどんどん減少していき、人材の確保が困難になる状況下で健康な高齢者に頑張ってもらわない手はない。ということなのだと思います。

でも、これには裏があって。

医療の進化に伴って、どんどん寿命が延びてきている日本では年金制度の破綻も予想されるわけです。

現状で65歳から受給できるわけですが、今後70歳まで元気に頑張って仕事ができれば、年研の制度もずいぶんと楽になってくるのです。

そんな裏事情もあり、政府は高齢者の活用を声高に訴えかけてくると思いますが、健康寿命も伸びてきている今であれば、本当にその施作は妥当だとおもます。



若い世代の方々がチャンスを奪われる要因にもなりかねないと危惧しております。

政府は高齢者の活用と同時に、外国人労働者の推進も考えていて、現状での期間限定の労働を期間限定ではなく家族の渡航も認める方向で考えているようです。(あくまで移民は認めないとのことですが移民の定義はなんなのでしょうか)

外国人労働者と高齢者雇用の施作は経営者からすると取り組みやすく、とりあえずの施作としては成功するかもしれません。

しかし

若手の雇用が促進されなければ少子化は更に加速していくでしょうし、企業の新陳代謝は行われないままなので、根本的な解決には繋がっていないように感じます。

皆さんは、このニュースを見聞きしてどのように感じられましたか?

賛否あると思いますが、いずれにしても企業のリーダーの判断に委ねられるところです。

企業の方向性が明確になっていなければ、とりあえずとりあえずの後手に回った対応になってしまうので、今からしっかりと人材のことも考えて計画を楽しみながら考えていきましょう!

 
緊急の助っ人。
2018/06/15 19:49

【部会長ブログ】


皆様お疲れ様です!


おかげさまで入庫が止まらず、充実した日々を過ごさせていただいているのですが、実のところ昨日から強力な助っ人が来てくれていて、非常に助かっております。

添付画像のお二人なのですが、現役の中学生です。


まぁ良く笑い良く喋り良く働きます。


なんと、車に詳しい中学生でした。僕より詳しいかも(汗)。。。

二日間限定での助っ人でしたが、もろもろ勉強になりました。

教えるって難しい。
言葉が限られる。

普通に伝わるはずの言葉が伝わらない。


車を修理するときに特に気をつけていることは何か。

一番難しい仕事は何か。

一番やりがいを感じる時はどんな時か。

一番好きな車種は何か。

この仕事が好きな理由は何か。


単純な質問ですが、真っ直ぐに聞かれるとドキッとします。幸いにして困ることなくノータイムで答えられたので良かったですが(笑)


最近よく思うことは、僕たちが誇りを持って楽しそうに働いていないと子供たちも夢を描けないってことです。

大人が凛としている必要があるのかなと。

疲れ果てて愚痴が口をついて出るようなところばかりを見ていたら大人になりたくなくなっちゃいますもんね。

僕は子供の頃、早く大人になりたいなーってワクワクしていました。

僕みたいな能天気な人ばかりではないと思いますが、どうでしょうか。子供たちから見てかっこいい大人でありたいと思いませんか?

鈑金屋は最高にかっこいい仕事だと思います。

 
第37回 日車協連通常総会
2018/06/14 19:12



【部会長ブログ】


皆様お疲れ様です!


今週の火曜日。芝パークホテルに於いて第37回の日車協連通常総会が開催されました!

青年部会からは、私と両副部会長の泰楽さんと中村さんがお手伝いとして参加させていただきました。部会長は理事なのでお手伝いではありませんが(汗)

毎年、親会の総会は青年部会長が司会を務めると決まっているので、今年も司会の大役を仰せつかりましたが、無事に滞りなく議案もすべて承認され、ホッとしております。

ということは。

5月19日に開催された、我々日車協連青年部会の議案にもございました、青年部会の規約変更案と青年部会への予算案も無事に承認されたということでございます。

この場を借りてご報告させていただきます。

詳細を知りたい方がいらっしゃいましたら、単組部会長または単組部会長経由で担当ブロック幹事までお問い合わせいただけたらと思います。

全国の理事長が集まる日ですので、それはもう凄いメンバーなわけです。

皆さん想いがあって単組の理事長をされているわけなので、その想いが集まるとすごくピリピリした空気に変わります。

それぞれ、想いを語られる方向はいろいろあれど、皆さん連合会を良くしたいとの想いは一緒なんですよね。

我々青年部会もそうですが、もっとコミュニケーションを深められる機会を増やさなければと感じます。

誤解を恐れずにあえて書くならば。

互いに敬意を表し、膝を突き合わせて話し合う。未来に向かって議論する。聞く耳を双方が持ち合わせる。

そうしたことの積み重ねで、もっとぐっと良い未来を描き出すことが出来るように思います。

上記、誤解の無いように補足しますが青年部会のことでございます。

私の任期もあと11ヶ月。(総会までと考えるなら)

やり残しの無いように、各地を飛び回り膝を突き合わせてお話ができる時間を創っていこうと思います。

 
なすべきことをなす。
2018/06/13 14:29

【部会長ブログ】


皆様お疲れ様です!


昨日は非常にタイトなスケジュールの中でブログを更新したので、思ったような「まとめ」になってませんでした。

補足的な意味も込めて、今日のブログを書いてみます。本当は昨日の日車協連の全国総会のことを書きたかったのですが、それはまた明日にでも。


なすべきことをなす。


簡単なようでなかなか出来ないことだと思います。人によって優先順位や基準も違うので「なすべきことをなす」のは難しくないと思われる方も当然いらっしゃると思いますが「なすべきこと」が何なのかも分からず日々の仕事をこなしてらっしゃる方も居るのが事実だと思います。


昨日まで箕輪さんの講演を聴いた感想を書いていましたが「楽しむ」「遊ぶ」「夢中になる」というのがキーワードで、したくないことや楽しくないことを続けているのは時間の無駄。のような話が中心なわけです。

しかし

僕の経営の師匠は、実は真反対に近いことをおっしゃっていて。好きなことや、やりたいことと、自分に向いていることは違うことも多々あるのだとおっしゃってます。

自分に向いてないと思うから、仕事を転々とされるかもたくさんいらっしゃいますよね。

箕輪さんは「2年間はがんばってみること」という話もされておられました。向いているか向いていないかなんて、ちょっと働いたくらいではわかりませんし、何事もそうですが、本質が分かってから楽しさも分かってくるのではないかと思います。

好きなことと、向いていることが違うことだったり、仕事が身について、楽しさが分かってくるということだったりを知った上で


遊びたおす。


その為にも、なすべきことをなす。という習慣が身についていなくてはと思います。

なすべきこととは、しなくてはならないことではなくて、自分の目的に向かってするべきこと。だと思っています。

ちょっと理屈っぽいですが(汗)

師匠は「先憂後楽」という言葉も教えてくれました。

まず先に、めんどくさいことやコツコツとした地味な努力などをしっかりとして、その後に楽しむことをする。

楽なことばかりをしていたら、何も身に付かないということかもしれません。

今の若い人たちが、箕輪さんや、ホリエモン、落合陽一さんの話を聞いて、ワクワクする気持ちは十分にわかりますが、耳障りのいいところだけを切り取って、都合よく解釈してしまうと全国的にニートだらけになりそうで怖いなと思いました(笑)

もっと日本中で「遊ぶ」という言葉のイメージが心地よく響く文化が浸透していくと、子供たちが昔のように夢をたくさん描けるようになるんじゃないかなと思うのです。

 
箕輪さんの講演を聴いて(まとめ)
2018/06/12 18:20

【部会長ブログ】


皆様お疲れ様です!


本日は日車協連の総会(親会)で都内にいます。様々、勉強させていただきました。

総会に関しては、また明日ブログで書こうと思います。


箕輪さんの講演を聴いてのまとめ的なことを今日は書いてみようと思います。

箕輪さんは、ご自分で変わった子供だったとおっしゃってました。どんな風に変わってたかはわかりませんが、きっと「普通」という言葉をたくさん浴びせられてこられたのではないかなと思います。

「普通はこうやろ」

「普通はこんなことしない」

「普通はするでしょ」


たくさん疑問を持ちながら過ごしてこられたのでしょうね。

「普通って何?」


そんな箕輪さんも自分の可能性がどれほどあるかなんて、きっとわかっておられなかったと思います。

不安も苛立ちもたくさんある多感な時期を過ごされたと思います。

出版社に入って、すぐに有名になられたわけでもないでしょうし、悩んだこともたくさんおありになったと思います。


思い切って普通じゃないことをやってみたら結果が出た。


普通じゃないことをやってたら楽しかった。


単純にそういうことなのかなって思いました。そうしていたら、多くの方から支援されるようになって、いろんな方から「面白い奴がいるぞ」って話題にされて。

普通じゃない切り口で、普通じゃないことをして楽しんでたらどんどん見える世界が変わっていったんじゃないかなと思います。

運が良かったとか、たまたまではないと思います。


すげー頑張って自分のスタイルを見つけて楽しんでおられるんだなって心から感じました。


がんばるな遊べ。

っておっしゃってますけど、やることは絶対人並み以上にやっておられるし、口先だけで結果を残せるような業界でもないですしね。


そのスタイルに好きや嫌いはあるかもしれませんが、人生を最高に楽しいものにするっていう意味では達人だと思います。

なんでもかんでもマイナスに捉えることもできる世の中ですが、全部ひっくるめて、楽しめる才能っていうのは生まれ持ったものじゃなく、視点を変えるだけで簡単にできる。

そして

人生、どこでどうご縁が広がって好転していくかわからない

言えることは、じっとしてたら変わらないってことだと思います。


仕事は人生を素晴らしいものにするためにあると思います。楽しみ尽くせば、見えない世界に明日が繋がっているかもしれませんね。



 
箕輪厚介さんの講演を聴いて2
2018/06/11 11:11

【部会長ブログ】


皆様お疲れ様です!


今日は昨日の続きを書いてみます。

箕輪さんは講演を通して「遊びたおせ」とおっしゃっていました。やりたくもない仕事を「食べるために」仕方なくするのではなく、自分がやりたい仕事、自分が楽しいとも思える仕事を遊び心を持って(子供が夢中になって遊ぶ感覚で)働くべきだと。

逆にそれくらいじゃないと、価値を生み出すことができないとのことでした。

常識の枠にとらわれず「それっておかしくない?」という疑問を持つことが大切で、今まで通りが一番楽であるという逃げ道に従事していると、人間がダメになってしまうと。

学校教育が、それの最たるもので「皆んなと一緒がお利口さん」という教育を日本の子供は受け続けているから今後危うくなると。

生徒が集合をしたときにする整列にさえ疑問を持つ感覚が必要なのだとおっしゃっていました。

なぜ整列する必要があるのか。

灘高校を出て東大まで行かれた方が、ある日、自分の子供の学校を見学に行って整列する様子を見て違和感を感じたそうです。

常識にとらわれていたら危うくなる。個性や独創的な感覚を養いたいと子供にたいして思っていたその方は、このまま学校に通わせていて大丈夫だろうかと不安になったというのです。

そんな視点で見てしまうと、今の学校教育は飛び抜けた才能を持った子供でも、逆に普通の子であって欲しいと願いながら教育されているような感覚さえ覚えてしまいます。

親でさえ、「普通」に高校くらいは卒業して欲しいと、普通を願っているのです。

普通って何でしょうか?


僕自身は、今の学校教育がダメだなんて思いませんし、整列することにも違和感を感じません。バリバリの高校球児で体育会系だったので、逆に整列しなくていい団体生活自体が想像もできないほど、「普通」に侵されているのかもしれません。

ただ、箕輪さんはこうもおっしゃっていました。

2年間は、がむしゃらに頑張る時期があったほうがいい。


遊びたおすにも、ベースになる知識や社会の仕組みを知ることが必要で、それなくしてただただ遊んでいるだけではダメだと。

なぜ2年間かといえば、これは箕輪さんの中の感覚の問題で、2年くらい頑張れば、ベースとなる知識が得られるだろうということです。

それは、人それぞれだし得たいもののベースにもよると思います。

「好きこそ物の上手なれ」

遊びたおせるくらい、好きなものであれば夢中になって取り組むので修得するスピードも単なる作業に比べたら格段に早いでしょう。

仕事は辛く、しんどいもの。

ではなく、仕事は楽しむもの。

そして常識にとらわれず、様々なことに疑問を持つこと。その疑問の中に大きなチャンスもヒントも隠れているように思います。


明日に続く。

 
箕輪厚介さんの講演を聴いて。
2018/06/10 11:33

【部会長ブログ】


皆様お疲れ様です!


昨日、箕輪厚介さんの講演を聴いてきたのですが、講演というよりディスカッション。

んー、もっとラフな感じでしたね。

講演ってこういうものですよね。という自分の中に概念があって、それを打ち壊される時間となりました。

まず、講演開始時間が遅れる(笑) そして少し遅れて登場する姿が半袖半パン(笑)


しかも、500mlのハイボール片手に(笑)


さすがにお酒飲みながらの講演は初めてでした。
まぁ、単純にお酒が好きなのもあるのだと思いますが、講演でもっとも箕輪さんが伝えたかったことである

「普通って何?」

ということに対してのパフォーマンスもあったんだろうと思います。

それこそ、普通にこれだけを聞けば「何それ最低」と思われても仕方ないことだと思います。

きっと僕がビール片手に登壇して、今から講演始めますよと言ったら、ほとんどの聴衆は帰るんじゃないかと思いますし、僕は怖くてそんなことできません。

普通の人なので(汗)


まぁ何が良いか悪いかは、ひとまず置いておいたとして。箕輪さんが出版業界で革命児であり、結果を出し続けておられることは確かです。

そして旧態依然としている出版業界において、彼のことを驚異だと捉えている方もいらっしゃるわけです。

そんな彼がリスペクトしている人は、ホリエモンと落合陽一さん。いずれも、異端児扱いされるほどの超優秀な方です。

マナーや一般常識的に見ると、言葉遣いもなってないですし、言いたいことを言いたい放題言う人たちなので、敵も多いように感じますが、実は言ってることは非常に的を得ていて、予言のごとく未来のことをズバズバ言い当ててきていらっしゃる方々なのです。


そんな彼らが口を揃えて言っているのは、家族はシェアされるとのこと。

???

家族をシェア。。。

今後、とんでもない勢いで人口が減少し、生産労働人口は2060年には全人口の50%になると言われています。

半分の人口で子供や高齢者を支えていかねばならない状況は非常に過酷です。

政府はおそらく外国人労働者を今以上にどんどん受け入れるようになるでしょうが、それでも根本的な解決にはなならないので、家族シェアという文化もアリになってくるんじゃないかと。

賛否あると思いますので、これについてはコメント控えます(汗)

ですが、人口の減少において台頭してくる人工知能は、どんどん人の職業を奪っていくことと思います。

箕輪さんがおっしゃっていたのは、だからこそ食べていくためだけのために働く。ということは馬鹿らしい。

これだけ飽食の時代で、食べるために働くということはもったいない。こんなにハッピーな時代に生まれて、そんな事のためだけに労働があると思い込んでいるのは、非常にもったいないと仰っておられました。

淡々と労働をこなす作業を仕事としておられる方は(食べるためだけに)確実に人工知能やロボットに仕事を奪われると。彼らは寝ずに文句も言わず働くので勝てるわけがないから。

だから、価値を生み出す人になったほうがいいと。

人を楽しませる。

喜ばせるっていうのは、きっと人にしかできないから。



明日に続く。

 
EDRとCDR
2018/06/09 18:17

【部会長ブログ】


皆様お疲れ様です!


今日は梅雨の晴れ間で快晴の山口からお送りしております。

先程、箕輪厚介さんの講演を聴き終えて会社に戻ってまいりました。いやー自由ですね(笑)

楽しかったですよ講演。

詳細はまた、明日か来週にまとめて書く事にします。


今日は、EDRとCDRというタイトルでブログを書いてみようと思います。


なにそれ。


と、思われた方はじっくり読んでみてください。「あー今更?」と思われた方は今日は読まなくていいです(笑)

電動化や自動運転が進む中で懸念される、事故が起こった場合の責任の所在の問題は、事故の過失割合などの関係もあって、保険会社も非常に興味を持っているところですし、当然ですが我々も知っておく必要がある知識だと思います。

EDRとはイベントデータレコーダーを省略したもので、いわゆる飛行機のフライトレコーダーの自動車版だと思ってもらえると良いかと思います。

フライトレコーダーは飛行機事故などがあった場合に、非常に重要になってくるもので、様々な飛行状態のデータが記録されるもので、大惨事になった場合でもフライトレコーダーの記録を読み取り、自己状況を分析する大切な鍵になるものだと言われています。

同様に、EDRも今後、自動運転化が進む上で重要になってくると言われています。

メカトラブルなのか、ヒューマンエラーなのか、どの程度のスピードが出ていて、どのタイミングでどのような角度で衝突したのか。

僕もまだどの程度のデータが読み取れるのか学んでいないので詳細は実のところわからないのですが、日本はこの分野においてかなり遅れていると言われています。

特に、このEDRのデータを読み取り分析できるCDR「クラッシュデータリトリーバル」のアナリストが非常に少ないのが現状の課題でもあるとのことです。

ボッシュが進めてるんですよ、このCDR

今月の24日に北九州で大きな自動車のイベントがあるのですが、実はどこでCDRのセミナーが開催されます。公には初めてじゃないでしょうか。

僕も参加して学ぼうと思っているので(さわりだけだと思いますが)参加の可能性がある方は、行かれてみてはいかがでしょうか?

http://www.goonews.jp/news_detail.php?view=auto&id=7232

時代がどんどん変わっていくので情報の価値って本当に大切になっていきますね。

 
ページ情報 : 1/135    ページ指定 :    

次のページへ>>>

 

お客様の声・作業レポート

ショップブログ

キーワード検索

気になる言葉で検索



 

会員様専用ページ

 ログインID
 パスワード
   

 

●●●●●●●●●●●●

フリースペース

フリースペース

フリースペース

フリースペース

フリースペース

フリースペース

フリースペース

フリースペース

フリースペース

フリースペース