サービスラインナップ

 

メインサービス

 

インフォメーション

             

             
             
             

 

             
             
             

             

             
             
             

             
             
             

             
             
             

 

 

 

             
             
             

 

新規で記事を投稿される方はこちら   

あおり運転の定義って
2019/01/19 11:01

【部会長ブログ】


皆様お疲れ様です!


今日は羽田空港にいます。
昨日のブログで書いたように、次期役員予定者会議に出席するためです。

この時期、一番怖いのは、こうした人が多く集まる公共の施設でインフルエンザを移されること(汗)

予定がぎっしり詰まっているので、風邪をひいている暇もありませんし、インフルエンザにかかって寝込んでしまえば、多くの方にご迷惑をかけしてしまいます。

なので、マスクは確実に着用。子供よりこまめに手洗いうがいします(笑)

さすがに、インフルエンザになっているのに根性で様々な会に出席しても逆に迷惑ですし、そうなるともうウィルステロですもんね(汗)


さて、話は変わりますが今日は「あおり運転」についてです。最近よくニュースで「あおり運転」のことについてとりあげています。

昔から「あおり運転」は、あったのかもしれませんが、なかなか証明することが難しく、嫌な思いをさせられた人が泣き寝入りするしかなかったのかもしれません。

しかし最近は、ドライブレコーダーの普及で「あおり運転」の証明ができるどころか、車から降りてきて文句を言っている方の発言まで記録に残っているのです。

そのため、捜査が可能になりこうした事例が多くなっているのではないかと個人的には思っています。

が、あまりにも酷い事例が多いですね。悲惨な死亡事故につながっている事例もあります。

自動車を扱う我々としては、くれぐれも「あおり運転」をする側にならないように気をつけなくてはなりません。

とは言え、急いでいる時にはどうしても車間距離を詰めがちになってしまいます。

前の車に近づきすぎると、怒られるんじゃないかとドキドキしてしまいます。記録されている可能性高いですしね。

そこで「あおり運転」の定義を調べてみました。あくまでウィキペディアでの情報ですので、そこのところご了承ください。

【ウィキペディア抜粋】
自動車等の運転中に車間距離を極端に詰めたり幅寄せを行ったりする行為をいう。

前方を走行する車に対して、進路を譲るよう強要する行為のほか、車間距離を狭め、異常接近したり、追い回し・無理な割り込み後の急ブレーキ・ハイビーム・パッシング・クラクション・幅寄せ・罵声を浴びせる、などによって相手を威嚇する、嫌がらせや仕返しをする行為などが挙げられる。

〜ここまで〜

「あおり運転」は危険運転の一部と認識されているようです。
では、車間距離をどれだけ開けていれば良いのでしょうか。それは目視でもなかなか確認できませんし、これだけの距離を開けておかなければ「あおり運転」になるという明確な数字は調べても出てきませんでした。

しかし、他サイトでロードサイドに対象物を見つけ、先行する自動車が通過後、自分の車が通るまでに2秒あれば良いとの記述を見つけました。これは法的なものではなく2秒あれば安全ではないかという意見のようです。

たった2秒?

と思われたかもしれませんが、時速72kmで秒速20mですから2秒なら40mの車間距離ですよね。

かなりの距離です(汗)

時速54kmで秒速15mなので、2秒で30mになります。。。

まぁ、先行する車が急ブレーキを踏んだ時の制動距離を考えたら、そのくらい距離があった方が無難だと思います。

この「あおり運転」これからは冤罪も出てくるのではないかと思います。時間や距離は人によって体感する基準が著しく異なります。

自分では車間距離をじゅうぶんとっているつもりでも、先行する車は嫌な感じを受けている場合があるからです。

そんな時、録画されたデータを警察に持ち込まれたら、無罪を証明する時間を日常から奪われるだけでも非常にもったい無いことです。

安全・安心をお届けする我々の業界の一員として、いずれにしてもしっかり車間距離をとった安全運転に心がけたいものです。


 
明日から
2019/01/18 20:54

【部会長ブログ】


皆様お疲れ様です!


明日から怒涛の出張スケジュールなので、今のうちにやりたいことが山ほど溜まっていて途方にくれている横岡です。

僕の部会長としての任期も、ちょうどあと4ヶ月となっておりまして、その残された任期中にやりたいことも満載なのですが、明日はいよいよ次期役員予定者の会議が開催されます。

初顔合わせなので、緊張して参加される方もいらっしゃると思います。次期の三役も初めての会議で緊張しているかもしれません。

初めてのことって、少なからず緊張しますものね。それが当たり前だと思いますし、緊張は本気のしるしだと思っているのでウェルカムなのではないでしょうか。

4年前に初めて中国ブロックの幹事予定者として予定者会議に出席したときのことや、2年前に部会長予定者として役員予定者の方々を迎えて会議を開催した時のことを思い出します。

自分を少しでも大きく見せようと背伸びしまくりでした。

「立派に見られなきゃいけない」

そんな感情もあったと思います。でも、そんなしょうもない見栄っ張りだった自分を全国の仲間は受け入れてくれました。

たくさんのミスや間違った言動、勘違い、わがままなどを許して一緒に活動してくれたどころか、応援までしてくれました。

山口の地元の仲間もそうですが、仲間ってそうしてお互いが許し合いながら、支え合っていくものなんですね。

だから

立派じゃなくても良いんだと思います。そこに想いがあり、行動し続ける覚悟があれば。

ミスや知らないことを恥ずかしがることもないと思います。何も行動を起こさないよりミスしたほうが成長できますし、知ったかぶりをするよりは「分かりません」と言えたほうが、ずっと成長できますから。

いよいよ本格的にバトンタッチゾーンに突入です。次期部会長予定者の中村悟は最高にいい男です。

彼を支えられる一番の応援者として、そして共に悩み、共に成長できるように、明日から本格的に始まるバトンタッチゾーンに臨もうと思います!

 
あれから24年。
2019/01/17 19:29

【部会長ブログ】


皆様お疲れ様です!


今日で阪神・淡路大震災があった日からちょうど24年が経ちます。

24年前のその日。

僕は、その日たまたま札幌にいました。朝テレビをつけて目に入ってきた光景をすぐに受け入れることができず、愕然としたのを覚えています。

まだ当時は今のように全国に仲間が居るわけでもなく、それこそ自分が住んでいる所から半径数キロメートルの範囲内でしか行動していませんでしので、自分の世界も狭く、どこか遠い場所でのできごとのように思えました。

それからも大きな地震は新潟の中越地震や東日本大震災、熊本や大阪、北海道と、日本中のどこで起きておかしくない状況にあります。

未だに災害公営住宅が完成していなかったり、仕事や家族、住む場所を奪われて地震や災害の影響で困っている人たちは全国にたくさんいらっしゃると思います。

僕たちにできることは、こうした出来事を風化させずに準備しておくことだと思います。

こんな時だけ思い出しても。。。

そんな風に思われるかもしれませんが、せめてこんな時だけでも思い出して、準備の行動がとれたらと思います。

歴史も医療も薬の進化も、様々な人たちの犠牲があり今があります。

だからせめて、今日くらい自分にどんな準備ができるか考え行動に移せたらと思います。

自然の力を考えると微力にもほどがありますが、決して無力ではないので。


 
稼働日不足と見える化。
2019/01/16 20:11

【部会長ブログ】


皆様お疲れ様です!


2019年が始まり、1月も後半を迎えました。

え?もう後半?ってなりません?

ついこの前、仕事始めで今年もやるぞ!って誓ったばかりなのに、もう1月も半ばを過ぎようとしているのです。

正月休みに、先日の3連休などもあり稼働日が圧倒的に少ないなと感じています。

「働き方改革」と叫ばれている昨今に、稼働日が足りないなんて言うとブラック企業呼ばわりされそうで、なかなか言えないのが実状ですが、実際どうですか?

おまけに今年のゴールデンウィークは即位の礼があるので、10連休になるとか(汗)

僕の2019年の壁掛けカレンダーでは、4月30日と5月1日、2日は平日になっているのですが、今年は5月1日に元号が変わり即位の礼があるので祝日になります。

しかも「国民の祝日に関する法律」第3条の3で祝日と祝日に挟まれた平日は休日にすると記載があるようで、祝日に挟まれている4月30日と5月2日は「国民の休日」となり、10連休が完成というわけです。

まるでオセロのようですが、とても大切な祝日による10連休の完成なので喜んで受け入れます。

しかし、今までどおりのやり方では、どうやっても稼働日が足りません。残業時間を増やしても、そのぶん残業代は出ていきますし、疲れもたまって作業効率やクォリティは下がっていくように思います。

やはり、商品の魅力を上げて商品単価を上げていかなければですね。

この「商品の魅力を上げる」という所にたくさんのヒントがあると思います。

いろんな方法があると思います。

技術力の見える化や、提案力の見える化。接客力の見える化。作業環境や待受スペースの美観など、ユーザーに分かりやすく他社との違いや、車体の修理というものを商品として分かりやすく伝える力が求められると思います。

でも、どれだけ方法論に走っても基本は個々の会社の目的にそった行動ができるかどうかですよね。

方法論に走りすぎると、それはきっとお客様に伝わりますから。

まず「見える化」するのは僕たちが自分たちの会社に抱く「誇り」なのかもしれませんね。

 
100億とか1億とか。
2019/01/15 19:52

【部会長ブログ】


皆様お疲れ様です!


ブログのタイトルで勘の良い方はお分かりかもしれませんが、2018年の年末にはPayPayが「100億円あげちゃうキャンペーン」を実施したり、2019年には、ZOZOの前澤社長が個人で100万円を100人にあげる、お年玉イベントをやりましたよね。

もう何が何だか分かんない大盤振る舞いのキャンペーンとお年玉です。

金額としては圧倒的にPayPayのほうが大きいわけですが、話題性や、マーケティングの成果からすると圧倒的に前澤社長の勝ちだと思われます。

勝ち負けじゃないかもしれませんが。(汗)

お年玉に関して個人的には、お金持ちの大盤振る舞いは好きじゃありません。ただ、どうやって当選者を決めるのか、どうやってお年玉を渡すのかなどは非常に興味がありました。

贈与税どうなんの?とか(笑)

贈与税の仕組みに詳しくないので、ソースはネット情報ですが贈与税の基礎控除は110万円まであるそうなので、当選した人は年内にほかの人から貰わなければ課税対象にならないようです。

所得税の対象にもなりません。

炎上商法とか言われてますけど、話題作りは本当に上手ですね。

批判をする前に、なんらか商売のヒントにならないかなという視点で見てみるのも良いかもしれません。

どれだけ良い商品を持っていても、どれだけ良いアイディアがあっても、どれだけ素晴らしい技術を持っていても、それが世の中に認知されなければ話題にもなりませんし、商売にもなりません。

売上は、単価×販売個数でなりたちます。

僕たちの業界で言えば、台単価×処理台数でしょうか。

台単価を上げるためには、素晴らしい技術や設備、接客術などの付加価値を高めていく必要があります。ここに関しては僕たちの業界は興味が非常にあるところだと思います。

ですが、処理台数を増やすためには当然ですが入庫量を増やさなければなりません。そのための活動がどれだけできているかを考えれば、様々な話題性のある取り組みをヒントにできるのかもしれませんね。

ひとまず、僕はキャンペーンもお年玉もエントリーしてませんが(汗)

 
成人式の思い出。
2019/01/14 16:24

【部会長ブログ】


皆様お疲れ様です!


今日は全国的に成人の日なわけですが、皆さんは自分の成人式の時のことを覚えていますか?

僕には少々苦い思い出がありまして。


大学生時代も野球に明け暮れていたので、滅多に実家に戻ることもできず、成人式の日くらいは家に帰ろうと地元に帰ったのですが。。。

スーツがない。

そりゃそうです。スーツなんぞ学生が着る機会はありませんし、学生時代は野球部のジャージで24時間365日過ごしておりましたので、本気でスーツも持たずに実家に帰りました。

あったのは大学入学時に買ってもらった、うぐいす色のペラッペラのスーツ。

女子だったらきっと貸衣装屋さんに行って前撮りとかして、早朝に美容院とか行って。。。などなど大イベントになるであろう成人式なので、自分もそれなりに何か用意してくれるのではないかと勝手に思っておりました。

ところが。

実家に戻ると「え?スーツないの?」

・・・(汗)

男女平等って誰が言い始めたんだ。なんて心の中で叫びながら、スーツの買い方さえ分からない僕は、父に連れられて近所の「洋服の青山」的なところに行きました。

父親同伴。っていうだけですでにダメ成人丸出しなのに、成人式用の5点セットとかで、もう超激安!とか書いてあるコーナーの担当スタッフに父親がからみはじめてしまい(もっと安くならないのかなど)

とにかくその場から逃げだしたい想いが溢れ、もうスーツは要らないから大丈夫です。って言おうか言わまいか悩みに悩んだのを覚えています。

今振り返ると、子供中の子供でした。

そのへんの小学生の方がよほど大人の対応ができるんじゃないかってくらい子供だったと思います。

でも自分では大人になったつもりでいたんですよね。情けないくらいに子供だったのに。

どうせ一日しか着ないスーツに「見栄」を求めていた自分が恥ずかしくしてしかたなかったです。

きっと中身が空っぽだったから、せめて外観だけでも着飾りたかったのでしょう。

買ってくれたことや、買い物に付き合ってくれたことになんて、これっぽっちも感謝できていませんでした。

そのスーツを買うお金を得るのにどれだけ父が汗を流したかも知らずに。


毎年、成人式のニュースをテレビで見るたびに、スーツを買いについてきてくれた父を思い出します。

自分がどれだけ大人になれたか分かりませんし、苦い思い出ですが、忘れずに大切に覚えていようと思います。


皆さんにはどんな成人の日の思い出がありますか?

 
準備万端になってから?
2019/01/13 16:47


【部会長ブログ】


皆様お疲れ様です!


突然ですが、僕は旅行が好きです。普段は出張でいろんなところに行っていますが、なかなか観光地をめぐるような時間的余裕もなく、もったいないなぁと感じながら帰ってきています。

世界の絶景カレンダーなんか大好きです。

おお!世界にはこんな絶景があるんだ。これはぜひ見に行きたい!と思います。

中でもマチュピチュに行くのが夢のひとつで、必ず行こうと心に決めています。

なので、会社の自分の部屋にもマチュピチュの写真を二つも飾っているのです。

いつか行こう。

もう少し時間に余裕ができたら。

もう少しお金が貯まったら。

もう少し娘が大きくなったら。

もう少し

もう少し。。。


そんな風に考えて、写真を飾って10年が経ちました。

これでは行けるはずもありません。
僕たちの人生に残された時間は限られています。誰もが知っていることですが、ほとんどの人がそうした大切なことを忘れがちです。

準備が整ってから行く。

のではなく、本当に行きたかったら行けばいいんだと思います。

僕自身、行きたいとは思っていますが、何があっても必ず行くんだ!という強い想いになっていれば、もうとっくに行っていると思います。

そうしたことって、旅行に限らず生き方の癖としていろんなところに現れているのかもしれません。

時期尚早であってり、失敗したりすることってあると思いますが、それでも考えているばかりで何も行動を起こさないより、一歩でも二歩でも前に進めます。

今年は今まで以上に、考えるよりも行動するという事実を大切にしようと思います。

マチュピチュに行くことよりも、やりたいことが僕にはたくさんあるので、その優先順位を整理して失敗を恐れず、どんどん行動を起こします。

そして、失敗も困難な出来事も含めて楽しみまくってやります!!!

 
富士山は男前。
2019/01/12 16:20

【部会長ブログ】


皆様お疲れ様です!


研修から帰ってきて、金曜日一日働いただけで3連休に突入です。

体を休めるには最高の環境ですが、正月休みボケの状態に再突入しそうですし、せっかく学んできたのに日常に埋もれてしまいそうです。

そんなこんなで今日も会社に出ていますが、山中湖の研修所から久々に間近で富士山を見たのですが、何度見ても富士山は男前です。

「やっぱりデカいなぁ」

って思いますし、カッコイイなと感じます。山に囲まれて育っているのですが、自分の想像の枠を超えた大きさに感動してしまいます。

その富士山の2倍以上もあるエベレストってどれだけ大きいのでしょうか。想像もつきません。

富士山は、その美しさで世界的にも有名ですが、皆さんは日本で二番目に高い山って知っていますか?


登山をする方や、山が好きな方は知っていらっしゃる方もいるかもしれませんが、実はあまり知られていないようです。

実は、北岳という山で、北岳も3000メートル級の大きな山です。

こうした事実から見ても、1番のものはそれなりに名前が売れますけれど、2番目になるとそうでもないようですので、1番と2番との差は数字以上の開きがあるのだと思います。

こうしたことに着目しているのがランチェスター戦略です。日本一になることができれば、それに越したことはありませんが、誰にでもできることではありません。

ましてや商売でとなると商圏がありますので、日本一になる必要がない場合もあります。

なので、商売をやっている地域で一番になれば良いのだということです。

しかも、ナンバーワンになれなくてもオンリーワンでも良いということ。

どこにでもある会社ではなく特色があり、お客様にとって唯一無二であることが大切なんだと思います。

そのためにも戦略が必要です。

明確化シートの第一弾から第三弾まで取り組んでいただけているでしょうか?

年末年始、忙しかったからそれどころじゃないよ。という方も多いでしょうが、優先順位を上げて取り組んでみてください。

「やらなければならないこと」よりも「やったほうがいいけれど、やらなくても何とかなるもの」の中にこそ成長の種は眠っていますから。

会社がオンリーワンになっていくために、まずは自分自身がオンリーワンに近づけるように成長していきます!

 
分からないものは怖い。
2019/01/11 20:40

【部会長ブログ】


皆様お疲れ様です!


昨日は自宅に帰り着いたのが22時を過ぎていたので、帰ってすぐにお風呂に入り寝ました。

よほど疲れていたのか、目覚ましにも気づかず、犬に顔を舐められて起こされるというポンコツぶりを発揮した研修明けのスタートでしたが、会社に行くと社員さんたちが元気よく挨拶をしてくれたので、留守の間にたまった仕事に気持ちよく取り掛かれました。


この三日間の研修で「分からないものは怖い」ということも学びました。

研修が始まる前までは、どんな内容の研修か分かりませんでしたし、課題がたくさん出ることは知っていましたが、どんな内容か知りませんでした。

どんな人たちが何人参加するのかさえ分からなかったのです。

なので、すごく緊張していました。

オバケも、正体が良くわからないから怖いし、資産を運用する「投資」も良く知らない人は怖がってやろうとしません。

暗闇が怖いのも、見えないから怖いのだと思います。

分からないものや知らないもの。見えないものに遭遇すると、人は勝手に頭の中でいろんなことを想像するようです。

その頭の中で描いた想像で、勝手に悩み、勝手に恐怖を感じるのだそうです。

時々、バラエティー番組で、中が見えないボックスに手を入れて、中に何が入っているか当てるコーナーがありますよね。

あれなんか、良い例だと思います。中に何がいるか分からないし、見えないからドキドキする。ちょっと何かが触れただけで悲鳴をあげる人さえいますものね。

だから

怖いと思ったときは「良く見る」ことが大切なのだそうです。オバケも良く見れば、木の枝が揺れているだけかもしれませんし、投資も良く分かればやったほうが良いかもしれません。

暗闇だって、目が慣れてきて良く見れば、なんてことないことなんだと思います。

皆さんも、大切なことなのでぜひ覚えておいてください。

怖いと思ったときや困ったときは、頭の中で考えて余計な心配をするよりも、よく見て事実を確認したほうが良いということ。

当たり前のように思えますが、特に対人関係などは事実を見ずに、想像の中で悩んでいる人が多いそうです。

僕は夜中に物音がすると、怖いので見に行きませんでしたが、これからはしっかり見に行こうと思います。

事実ってやつを把握するために。

 
研修終了。
2019/01/10 18:20



【部会長ブログ】


皆様お疲れ様です!


連日取り組んできた研修も、今日で終了しました。終了したとはいえ、前期日程を終えただけで、来月後期がまだ残っていますし、来月の研修日までに出された課題がたくさんあります。

課題に取り組まなければならない。

そう考えると面倒くさいだけですが、自分が生き方のクセを知ることや、豊かな人生を作り上げるために必要なことを知っておくことは、とても大切なことです。

そう考えたら進んで取り組めると思います。

と、頭ではわかっていても、なかなか実践できるものではありません。やらなければならないことに追われたり、気分に流されてやらなかったりと、自分の弱さもしっかり嫌というほど体感できた研修でした。

もし、僕が受けたこの研修に興味がある方は、僕まで連絡をください。僕の師匠をご紹介します。

僕は市村歴代からご紹介いただきました。

市村歴代は、今回の研修時にも僕が参加しているということを知って差し入れをしてくださいました。さすがですよね、こうした気遣い。だから市村さんを応援するファンは多いのだと思います。

先ほど羽田空港について、疲れがどっと出てきました。
めっちゃくちゃ眠いです(笑)

帰ったらすぐに寝ようと思います!

そして明日、留守を守ってくれた社員さんに御礼を伝えて、日常に埋もれないように学んだことを実践していきます!

 
ページ情報 : 1/157    ページ指定 :    

次のページへ>>>

 

お客様の声・作業レポート

ショップブログ

キーワード検索

気になる言葉で検索



 

会員様専用ページ

 ログインID
 パスワード
   

 

●●●●●●●●●●●●

フリースペース

フリースペース

フリースペース

フリースペース

フリースペース

フリースペース

フリースペース

フリースペース

フリースペース

フリースペース