サービスラインナップ

 

メインサービス

 

インフォメーション

             

             
             
             

 

             
             
             

             

             
             
             

             
             
             

             
             
             

 

 

 

             
             
             

 

  青年部会だより
  
 ● 青年部だより第50号 ●
 
  第27回幹事会開催  
<<<戻る

  青年部会の第27回幹事会が10月9日ホテルサンルート仙台会議室において開催され、平成22年度の事業項目の推進等について審議をした。

議 題 1 平成22年度の事業項目の推進について

1)モバイル用ホームページの研究について

事務局よりリサイズ、ひとつひとつ及び日本デジテル各社のホームページ比較資料が提出され、配付された資料に基づき須賀幹事より詳細説明があり、質疑を経て、モバイル用ホームページの製作会社をリサイズに決定することにした。

2)平成22年度青年部研究会の開催要綱(案)の作成及び同研究会の開催運営について

事務局より平成22年度青年部研究会の開催要綱(案)が提出され、配付された資料に基づき詳細説明があり、質疑を経て、開催要綱(案)を成案した。

平成22年度青年部研究会の開催要綱(案)

1.目 的 指数について考えることにより、青年経営者の経営戦略の一助とすることを目的とする。

2.主 催  日本自動車車体整備協同組合連合会青年部会

3.日 程 平成22年11月13日(土)
午後2時〜5時(ディスカッション)
午後6時〜8時(懇親会)

4.開催場所 中統奨学館 4階 4000会議室 (ディスカッション)
愛知県名古屋市中区栄4−16−29
電話052−262−5031
ホームページ

銀座アスター 名古屋賓館 (懇親会)
愛知県名古屋市中区栄3−5−4
セントラルパークANNEX 12階
電話052−953−2961
ホームページ

5.ディスカッションテーマ 「もう一度、指数について考えよう!」

6.検証発表  埼玉県、大阪府、中部地区

7.受講対象者 日車協連青年部会部会員

8.参加費用  1名 3,000円(教材費を含む)なお、青年部会員以外の組合員は、1名5,000円(教材費を含む)

9.参加者数 120名(予定)

10.懇親会 1名5,000円(会費制)、ただし、懇親会への参加は自由とする。
なお、青年部会員以外の組合員は、1名8,000円をご負担いただく。

11.その他 青年部研究会への出席に伴う旅費、交通費は参加者の自己負担とする。

その他 1 「指数の意見交換会」に向けての取り組み

塩見部会長並びに神山幹事より自動車ユーザーの安心、安全に寄与するための指数とするように論点を明確にしながら、今後、年内に第2回の「指数の意見交換会」が開催される見通しであるとの詳細報告があった。

日車協連の代表として指数を詳細報告があった。

その他 2 札幌地方自動車車体整備協同組合青年部部長からの要請について

事務局より札幌地方自動車車体整備協同組合青年部滝川部長より平成22年9月30日付の文書を以って11月6日に札幌市において札車協青年部勉強会の講師として神山幹事を派遣して欲しいとの要請があったとの報告の後、質疑を経て、同勉強会への出張旅費を組織整備強化費より支出することにした。

平成22年度の事業項目の一環として青年部会の役員が10月8日に仙台市の専門学校花壇自動車大学校の視察見学を行った。

専門学校花壇自動車大学校視察見学記録

1.日 時
平成22年10月8日(金) 午後2時〜午後4時

2.場 所
宮城県仙台市青葉区花壇8−1
専門学校花壇自動車大学校

3.視察見学の経過

専門学校花壇自動車大学校浅野校長先生より歓迎の挨拶があった後、塩見部会長より視察見学の目的及びお礼の挨拶があった。

 
イメージ写真
<<<戻る

  引き続き同校の施設並びに授業風景の視察見学の後、先生方及び学生の代表者と意見交換を行った。

 
イメージ写真
<<<戻る

  (意見交換の要旨)

学校:本年創立55周年を迎え、過去には1学年500名を超えるほどの学生が在籍したが、昨今は少子高齢化の影響から、自動車整備学科・各学年250名、車体整備専攻科・64名、一級整備専攻科・各学年30名在籍しています。
国家試験の合格率及び就職率ともに100%を達成しています。

日車協連:就職後、1年位で退職してしまう事例も多いと聞いておりますが、仕事に対してどのような夢を持っていますか。

 
イメージ写真
<<<戻る

  学生:メーカー系の会社に就職が決まっています。ガソリンエンジンからハイブリッド車に進化していくように新しい技術を作りたい。
学生:ディーラーに内定しています。手に職を付けたいことと、自動車は無くならない。
学生:お客様に満足いただける仕事をしたい。
学生:板金、塗装のスペシャリストになりたい。
学生:ディーラーに就職します。会社見学をして教育体制が充実していることと、将来一級整備士の資格を取りたい。

日車協連:ディーラーに就職される学生が多いようですが、就職して10年後の残存率を教えて下さい。

学校:昨年度の就職先の内訳は、ディーラーが約5割であり、10年後の残存率の明確な数値は把握しておりませんが、4割を切っているのではないでしょうか。
実家が整備工場を営んでいる学生は、1学年16〜17人位です。
ここ10年間で学生の意識が変わってきていて、自分が見えず、就職するという意識の無い学生を何とか就職させることが悩みです。

日車協連:町工場に対するイメージをお聞かせ願いたい。

学校:各種保険などの福利厚生面の待遇に不安があります。事前に内容を開示していただきたい。初めて学生を紹介する際に特にお願いしたい。
殊に最近ディーラーの採用内定の時期が早まっており、卒業1年前に内定は、学生に酷であると思います。

 
イメージ写真
<<<戻る

  日車協連:目的意識のない人が多く、良い人材がなかなか採用できません。業界の求人内容と求職者とのミスマッチもありますが、一生面倒を見るという意識で求人しています。

学校:ゆとりを持っている学生が多くなり、社会常識から教えなければならない学生もおり、技術教育の他に社会に通用する人材を育てています。

日車協連:自身の技術の向上の他に、人生設計、例えば将来独立して事業をしたいという願望は有りますか。

学生:いつまでに結婚して家庭を作るということは考えていませんが、将来は仕事の内容をステップアップしたい。
学生:独立願望はありませんが、会社に取って必要な人材になりたい。
学生:仕事に就いて年数が経てば、独立する方法を考えるかも知れない。
学生:独立するよりも目の前の目標をクリヤしていけば、結果も付いてくると思います。
学生:頼られる存在になりたい。自分が親から受けたことは、自分の子供達にもしてあげたい。

日車協連:夢を持つなら大きい方が良い。日本の整備技術は世界でも通用します。すばらしい技術で世界を目指してみてはどうか。

 
イメージ写真
<<<戻る

  学校:本日は遠方より視察見学にお越しいただき、ご苦労様でした。学生を送り出す立場として是非求人をお願いしたい。ありがとうと素直に言える人材を育てていきたい。  
<<<戻る

 

お客様の声・作業レポート

ショップブログ

キーワード検索

気になる言葉で検索



 

会員様専用ページ

 ログインID
 パスワード
   

 

●●●●●●●●●●●●

フリースペース

フリースペース

フリースペース

フリースペース

フリースペース

フリースペース

フリースペース

フリースペース

フリースペース

フリースペース