サービスラインナップ

 

メインサービス

 

インフォメーション

             

             
             
             

 

             
             
             

             

             
             
             

             
             
             

             
             
             

 

 

 

             
             
             

 

  青年部会だより
  
 ● 青年部だより第47号 ●
 
  第24回幹事会開催  
<<<戻る

  青年部会の第24回幹事会が5月8日須田町ハウス会議室において開催され、平成22年度事業計画案並びに同収支予算書案等について審議をした。

議 題 1 平成22年度事業計画案並びに同収支予算書案の作成について

事務局より平成22年度事業計画案並びに同収支予算書案の資料が提出され、配付された資料に基づき詳細説明があり、質疑を経て、全員意義なくこれを諒承した。

事 業 項 目(案)

1.青年部会の活性化と全国組織化の推進

@連合会青年部会役員による組織の整備・強化に伴う啓蒙活動を実施する。

2.人材の確保の研究

@車体整備業界を紹介する資料の作成を研究する。
A自動車大学校・整備専門学校の教員及び学生との意見交換を研究する。

3.IT時代への対応ならびにインターネットの活用

1)青年部会独自のホームページの運用

@ホームページを活用して情報提供を行う。(青年部会だよりの製作)
Aインターネットによる情報交換及び情報の共有並びにネットワークを構築する。

2)集客システムの研究

@モバイルサイトを活用した対外的な広報宣伝活動の実施について研究する。

3)経営情報の交換

@経営に関する各種情報交換や車体整備料金のあり方について研究する。
Aお客様に業界の現状を訴求するポスターの製作について研究する。

4.各種研修会の開催の研究

@青年部研究会の開催を研究する。
A車体整備技能の向上を目指した研修会の開催を研究する。

5.部会員相互の交流と親睦及び海外の事業者との意見交換

1)部会員相互の交流と親睦
@ブロック間の催事等への部会員相互参加による交流と親睦を推進する。

2)海外の車体整備協同組合の青年部会との交流
@海外の青年経営者との情報交換の促進と相互交流の機会を研究する。

議 題 2 会費の徴収方法案について

事務局より会費の徴収方法案の資料が提出され、配付された資料に基づき詳細説明があり、質疑を経て、平成22年度も昨年度と同様に月額1所属部会員500円の会費を負担していただくことで、全員意義なくこれを諒承した。

議 題 3 平成21年度事業報告書、財産目録、貸借対照表、損益計算書並びに剰余金処分案の作成について

事務局より平成21年度事業報告書、財産目録、貸借対照表、損益計算書並びに剰余金処分案の資料が提出され、配付された資料に基づき詳細説明があり、質疑を経て、全員意義なくこれを諒承した。

事業報告の重点事項と実施の概要

1.青年部会の活性化と全国組織化の推進

1)連合会青年部会役員による組織の整備・強化に伴う啓蒙活動の実施

塩見部会長を始め、青年部会の役員が全国の青年部会の要請により青年部会の事業について啓蒙活動を行った結果、新たに山梨県及び香川県の青年部会が加入した。

【啓蒙活動の実施状況】
@年 月
A会 議 名
B出 席 者

@平成21年 9月
A広島研修会
B塩見部会長

@平成21年 9月
A広島研修会
B官澤幹事

@平成21年10月
A北陸信越研修会
B内山初代青年部会長

@平成22年 3月
A埼玉県志塾
B塩見部会長

@平成22年 3月
A埼玉県志塾
B市村幹事

2.人材の確保の研究

1)若年技術者の受入れ体制を研究する。

3.IT時代への対応並びにインターネットの活用

1)青年部会独自のホームページの運用

・青年部会だよりを概ね月1回更新して掲載した。

2)集客システムの研究

・モバイルサイトを活用した広報宣伝活動について研究した。

3)経営情報の交換

・環境保全への貢献と原材料価格の高騰をお客様に訴求するポスターを製作して部会員に配付した。

4.各種研修会の開催の研究

・第8回通常総会終了後、株式会社ブロードリーフ大山堅司代表取締役社長を講師として「自動車業界における次世代経営者が今後何をするべきか」と題する講演会を開催した。
・平成21年度青年部研究会を開催して埼玉県、愛知県、滋賀県及び京都府の青年部会による研究事例発表並びに「適正な車体整備料金設定に向けた標準作業時間の考察」についてパネルディスカッションを行った結果、塩見部会長より宣言文が発表され、採択された。

5.連合会の事業活動に対する協力及び意見具申

1)連合会の事業活動への協力

・平岩幹事が連合会の二養試験問題作成会議の委員として参画した。
・山岸副部会長が連合会のリサイクル部品活用促進に伴う研究の一環として新NGPダイレクトシステムのトライアルに参画した。

6.部会員相互の交流と親睦及び海外の事業者との意見交換

1)部会員相互の交流と親睦

・第8回通常総会の終了後、懇親会を開催して親睦を深めた。
・平成21年度青年部研究会の終了後、懇親会を開催して親睦を深めた。

2)海外の車体整備協同組合の青年部会との交流

・平成21年5月17日から23日までの7日間に亘ってドイツの車体整備業者の視察見学を行った。

議 題 4 青年部会の第9回通常総会の開催要綱案について

事務局より青年部会の第9回通常総会の開催要綱案の資料が提出され、配付された資料に基づき詳細説明があり、質疑を経て、全員異議なくこれを諒承した。

第9回通常総会の開催要綱(案)

1.開催期日
平成22年 7月17日(土)

2.開催場所
芝パークホテル
東京都港区芝公園1−5−10

3.会  議

1)幹事会
午後1時〜午後2時
2)通常総会
午後2時〜午後3時
3)講演会
午後3時〜午後4時30分
講 師(候補者): 衆議院議員 平  将 明 殿
テーマ:(後日検討)

4.懇親会
午後4時30分〜午後6時
(注)会費制・参加者の自己負担とする。

5.提出議案 第1号議案
平成21年度事業報告書並びに同収支決算書について
第2号議案 平成22年度事業計画並びに同収支予算案について
第3号議案 会費の徴収方法案について
第4号議案 役員の選出(補選)について

6.招待者
来賓として丸山会長並びにア本常務理事を招聘する。

7.その他
通常総会への出席に伴う旅費、交通費は参加者の自己負担とする。
併せて懇親会に伴う会費は、実費(5,000円)を徴収する。ただし、懇親会への参加は自由とする。

議 題 5 役員の選出(補選)について

平岩幹事から愛知県青年部会の通常総会を以って愛知県の青年部会を卒業したことから、幹事を辞任するとともに、後任の役員候補者として愛知県青年部会の加藤和元殿を推薦したいとの発言があり、質疑を経て、全員異議なくこれを諒承した。

その他1 新潟県自動車車体整備協同組合青年部会及び沖縄県自動車車体整備協同組合からの要請について

事務局より新潟県自動車車体整備協同組合の丸山青年部会長及び沖縄県自動車車体整備協同組合の川上理事長並びに青年部長予定者の与那嶺殿からの講師派遣についての要請文書が提出され、6月26日に開催される新潟県自動車車体整備協同組合青年部会研修会に官澤幹事、5月28日に開催される沖縄県自動車車体整備協同組合青年部会の設立総会に芝副部会長がそれぞれ出席することで、全員異議なくこれを諒承した。

その他2 株式会社ヤシマのイーグルキャッチについて

事務局より株式会社ヤシマのイーグルキャッチについての資料が提出され、配付された資料に基づき山岸副部会長より詳細説明があり、質疑を経て、各道府県の青年部会において同社より説明を受けるなど、対応することにした。

その他3 山梨県自動車車体整備協同組合青年部の葉っぱのフレディ山梨講演について

事務局より山梨県自動車車体整備協同組合青年部の葉っぱのフレディ山梨講演についての資料が提出され、配付された資料に基づき市村幹事より詳細説明があり、質疑を経て、役員各位において開催に協力することにした。

報告事項 1 平成21年度青年部研究会収支明細書について

事務局より平成21年度青年部研究会収支明細書についての資料が提出され、配付された資料に基づき詳細説明があり、全員異議なくこれを諒承した。
 
<<<戻る

 ● 山梨県自動車車体整備協同組合青年部会からのお知らせ ●
 
  ミュージカル「葉っぱのフレディ」いのちの旅 甲府公演のご案内

山梨県自動車車体整備協同組合青年部会では、所属する多くの部会員が植林を行う企業参加型のプロジェクト「Grow Leaf」に参加して、CO2排出量の低減に貢献しています。

こういった活動を通して山梨車協青年部会が地球環境を考え、次世代を担う子供たちにその思いや大切な心を伝えて行きたいと考えております。

その活動のなかで出会ったのが「葉っぱのフレディ」という物語と、それを子供達が演じるミュージカルでした。
 
<<<戻る

イメージ写真
  市村青年部会長  
<<<戻る

  この物語やミュージカルを山梨の次世代を担う大切な子供たちにはぜひ見てほしい。

また、その心に地球環境を大切にする想いが育って欲しいと、今回の山梨公演を主催しました。

山梨車体協青年部会としては、このすばらしい物語とミュージカルを子供だけでなく、大人にも観覧いただき、山梨の明るい未来環境を共に考え、共に創って行きたいと考えています。

詳しくはこちら
 
<<<戻る

 

お客様の声・作業レポート

ショップブログ

キーワード検索

気になる言葉で検索



 

会員様専用ページ

 ログインID
 パスワード
   

 

●●●●●●●●●●●●

フリースペース

フリースペース

フリースペース

フリースペース

フリースペース

フリースペース

フリースペース

フリースペース

フリースペース

フリースペース