サービスラインナップ

 

メインサービス

 

インフォメーション

             

             
             
             

 

             
             
             

             

             
             
             

             
             
             

             
             
             

 

 

 

             
             
             

 

  事業内容
  
 ● 青年部だより第36号 ●
 
  平成20年度青年部研究会開催  
<<<戻る

  11月22日東京・東京駅八重洲ビジネスセンターにおいて平成20年度青年部研究会を開催しました。
全国の青年部会より受講者115名が参集し、萩原部会長の開会の挨拶の後、「車体整備業界の生きる道」と題して弁護士清水講師始め、大関弁護士、小野弁護士並びに志村弁護士より環境規制、独占禁止法、下請問題及び車両修理契約上の問題について講演があった。
 
イメージ写真
<<<戻る

  (研究会のレジュメより抜粋)

<車体整備業界の生きる道>

―我々のおかれている法的・経済的環境の認識の上―

担当:弁護士 清水 直

1]我々はどんな立場にいるのか−現実を直視し、分析する
 @経済的地位
  イ)中小もしくは零細企業が多い
   そのプラスの点は何か
   そのマイナスの点は何か
  ロ)自由競争(資本主義)社会とは言え、規制と抑制の中にある
   各種法令による規制、監督官庁・大企業(損保)による抑制
   仲間の足の引っ張り合い
  ハ)劣悪な労働環境
   3K社会、技術者・後継者養成の困難性

 A法的地位
  監督官庁、大企業(損保・メーカー)と車の所有者との中間にいて悩みは多い
  法令遵守の重要性
  関連法令としてはどんなものがあるか

 B業として求められているもの
  安全、迅速、安価、美観
 
イメージ写真
<<<戻る

  2]各種問題

 @指数 その成立の背景(狙いは何であったか)
     これを誰が決めたか
     これに従わなければならないのか
     不当押し付け(不公正な取引、不正競争防止法的観点からみんなで総点検の要)
 A部品 購入か部材支給か、その良し悪し
 B仕事の流れと経営上の問題
  受注 →点検 →施工 →納品 →代金支払 →アフターサービス
  営業活動 → 施工体制・設備投資 − 資金・人材
 C技術者の確保、後継者問題
  雇入れ → 研修・指導 → 賃金
  資格の向上
  研修機関、マニュアルの作成

3]むすび

  生き続けるために
@現実を認識、情報交換 → 集中管理
A結束、団結、ぬけがけ・スパイ行動の禁止
−独禁法との兼ね合い−業界団体のあり方と活用
B指数についての我々の意見を反映させる。我々独自の指数を作る。

欧米との比較

C三権【立法(政治家への働きかけ)・行政(役所の言いなりにならない事業育成・保護を求める)・司法(連帯しての訴訟活動)】を通しての積極的行動をする
D仲間での協業化(経営基盤を強くする)
E技術者養成についての業界としての取り組み
 
イメージ写真
<<<戻る

 

お客様の声・作業レポート

ショップブログ

キーワード検索

気になる言葉で検索



 

会員様専用ページ

 ログインID
 パスワード
   

 

●●●●●●●●●●●●

フリースペース

フリースペース

フリースペース

フリースペース

フリースペース

フリースペース

フリースペース

フリースペース

フリースペース

フリースペース