サービスラインナップ

 

メインサービス

 

インフォメーション

             

             
             
             

 

             
             
             

             

             
             
             

             
             
             

             
             
             

 

 

 

             
             
             

 

  日車協青年部 会長所信
  
 
One for all, All for one
〜培ってきた職人の技で社会に貢献するために〜


日本自動車車体整備協同組合連合会青年部会
部会長 中村 悟


「One for all, All for one」は、一人はみんなの為にみんなは一つの為に。私はこのような意味だと捉えています。
一人一人がこの職業に素晴らしい価値を感じそして理解した上で、この業界に携わる方々が一丸となる事で、私たちの仕事の価値は更に上がるのではないでしょうか?

この業界、職人の技の価値を上げる事が出来るのは一人一人の想いと行動であり、今、本気で未来を切り開く時なのではないでしょうか?
私の決意は、我が業界が世の中に認められること。その決意の源は親父の背中であり、それを支える母の姿。そして今、我が身を奮い立たせる原動力は家族と、我が社のスタッフそして仲間の存在です。

頑張れば何とかなる。そんな時代が終わったわけではありません。ですが、我々が大切にしている、お客様から頂く信頼や、職人の技とプライド、スタッフの幸せ、家族の笑顔を本当に守れるのでしょうか。もう一度“頑張る”という意味を考える時なのではないでしょうか。
近年、自動車を取り巻く環境は大きく変わってきており、その変化は間違いなく我が業界に牙をむき、我々に変化を求めてきています。
自動運転やASVを装備する車両の増加、樹脂やCFRP等の新素材を使用した車両、そしてガソリン以外の電気、水素をエネルギー源とするパワートレーンの搭載車両。さらにQRコードやアプリでのキャッシュレス決済による支払い方法の多様化、1998年に始まった保険自由化そして2014年からの等級制度改定、カーシェアリングの普及にもみる顧客の自動車への価値観の変化。追い討ちをかけ消費税が10%になることをはじめとする税制への対応、労働人口不足による人材確保への対応、労働環境や自然環境への対応と、課題は山積しています。
そんな中、国土交通省は認証制度の新設を予定し、その内容は数年前より日車協連で取り組みを進めている先進安全自動車への対応が求められ、事故修理に対する知識、設備そして技術を駆使していくことも求められます。
そんな時代に、私達はどの様に進むべきなのか。

我が業界の多くの事業所が小規模事業者です。簡単に時代の変化に対応できる事業所は少なく残された時間は余りにも少ないのです。変化に対応していける可能性があるとするなら我が日車協連青年部会が、そして業界がひとつになることだと考えます。

All for oneに気付けばできることがたくさんあります。今一度、日車協連青年部会のあるべき姿を皆様と共に考え、進む時だと思います。
僕たちの仕事は多くの人々の命を守り、安心の提供が出来る業界なのです。僕たちの手は多くの人々の幸せを作り出すことが出来るのです。


今期の活動を考える上で大切にしたい事は、ブロックの活性化と業界の素晴らしさの共有です。各地域の代表であるブロック幹事がブロックの為に活動する事と考えブロック幹事が適切なブロック事業を設え、自社や、組合の価値に気付き、そしてこの業界の明日を共有していくことを中心にプロジェクトを組み立てました。

青年部会には作業者としての学びの場、次世代経営者としての学びの場があります。
そして最大の魅力“人の繋がり”があります。
人は人によって磨かれ成長していきます。それこそ青年部会です。

オールジャパンプロジェクト(一致団結)

  会員数100社の増加を目指します!


この2年、4単組の新しい仲間が日車協連青年部会に加わりました。着実に今までの活動が実を結び全国に広がりを見せ、全国の結束の強化が進んでいます。地域の枠を越え、出会う事の無かった人々に出会うチャンスが青年部会には有ります。また、その出会いをきっかけに助け合える、そして分かち合える仲間になったという話は非常に多いです。
日本を一つに!オールジャパンプロジェクトの最重要課題とするブロック活動は業界の結束力を生み、技術者として、経営者としてそして部会員として多くの気付きがあります。そしてそれが、日車協連青年部会の魅力であります。ブロック幹事を筆頭に単組部会長はブロックの活性化の為に精一杯活動してまいります。
青年部会の素晴らしさを感じていただく為にも、業界の価値を創りだす為にも地域から選任されたブロック幹事と共に単組の活動に目を向け、青年部会の魅力の発信、他の単組の取組の共有や講師派遣事業等を行う事により青年部会の良さを感じていただく為に活動していきます。

ボトムアッププロジェクト(安全安心の提供)

  車体整備士100名、推奨工場100社の増加を目指します!


この4年間の活動にて資格の必要性の発信から始まり、必要資格の認知、そして多くの新規資格の取得ができました認知、それが実を結び、複数資格を多くの方が取得しました。更に5つ星制度や、マイスター制度においては現状把握が出来るWEB診断システムの構築と、成果は確実に上がっており、あとは皆様がそれを活用するのみとなっています。
今後、先進安全自動車対応優良車体整備事業者、5つ星制度、マイスター制度の認定事業者数を増加していく為にも、車体整備事業者であると胸を張って生きて行く為にも、車体整備士や工場資格はなくてはならない私達の価値を創りだすものです。
今期、更に大きな挑戦として、車体整備士と工場資格の取得数の大幅な増加です。
個人としては車体整備士の取得に多くの時間を費やし合格しなければなりません。また、事業者としては工場資格の取得に設備投資や人員の確保というハードルをクリアしなければなりません 。
今期はこの2点に絞り、車体整備士においては全国各地の取得人数や講習開催
の有無等の現状把握から始め、取得数の向上につながる取り組みを構築し取得
人数の増加を目指し、また、工場資格においては親会と共に活動することでハードルに対しての好取組を共有し2年後には取得事業者を大幅に増加させ、日車協連組合員の工場は安全で安心だと知っていただく事で車体整備業の社会的地位の向上を目指します。

未来戦略構築プロジェクト(良い経営環境を創る)

  自社の目指すべき方向性を明確にする!


ご承知の通り、あなたの会社を守るのはあなたしかできません。
でも、組合に属する事や仲間と対話する事で多くの学びや気付きが出来ます。
この事はあなた自身が盾だけでなく矛をも手に入れる事になります。

あなたが各プロジェクトに対し能動的に動く事により、車体整備業が社会から必要とされている事実を認識するとともに、あなたの会社が社会から求められている事が何であるか?に気付けます。
会社の理想像や方向性は各社違っているため、たった一つの例では解決は不可能ですが全国組織である日車協連には複数の例が手に入り、あなたにとってベストな取り組みが出来るはずです。
日車協連には今以上、社会から求められる会社と成る為のヒントが有ります!
このプロジェクトはそのヒントを知って頂く為に活動してまいります。
あなたの家族・スタッフ・お客様など、周りの全ての方が幸せになるため、今以上、社会からの要望に応えるため一緒に活動をしてまいりましょう!

日車協連事業

我々日車協連青年部会は本会である日車協連と同じベクトルであることが当然です。現在、本会が取り組んでいる先進自動車対応優良車体整備事業者の資格取得に協力すべく、青年部会会員で取得見込会員を洗い出し資格取得を推進し、一社でも多くの会員が「先進自動車対応優良車体整備事業者」を取得し、社会全体から認知していただけると信じて進みます。

おわりに

もう隣の鈑金屋が敵である時代は終わっている!!
もう鈑金屋の仕事を鈑金屋がおとしめ奪い合っている時代ではない。All for oneなんです!
みんなで立ち向かうからこそできることが絶対にある。
間違いなく我が業界、私たちの仕事は誰にでもできる仕事ではありません。
自らの手で自らの価値を下げず、業界がひとつになることで職人魂を守って行きましょう。

価値に気付き、その魂に火をともせ!本当にこの業界の技術は素晴らしい!
子供たちに胸を張ってこの業界は素晴らしい!と言える業界を創るのは私達自身です。
誇ることの出来るこの業界を本当に素晴らしいと言える自分になろうではありませんか!

One for all, All for one

一丸となり自らの価値の向上に向かって一緒に進みましょう!
 

 

お客様の声・作業レポート

ショップブログ

キーワード検索

気になる言葉で検索



 

会員様専用ページ

 ログインID
 パスワード
   

 

●●●●●●●●●●●●

フリースペース

フリースペース

フリースペース

フリースペース

フリースペース

フリースペース

フリースペース

フリースペース

フリースペース

フリースペース